沖縄

沖縄移住をすすめない6つの理由、沖縄に20回行って分かったこと

沖縄移住の現実

DSC_0023

沖縄に移住した人の多くが、「移住失敗」している。

数年間沖縄に住んだことはなんらかの経験になっているので、なにも否定的になる必要はない。しかし、本人が沖縄に永住するつもりだったのに、それが数年間になったというのは誤算だろう。

現在毎年約2万人以上人が沖縄に移住者しているが、沖縄に数回、旅行しただけで、安易に移住を決めた人の多くは移住に失敗している。

1 沖縄の失業率は高く、本土から来ても仕事がない

沖縄の失業率は高く、ハローワークに通って20社~50社の面接受けて2~3ヶ月で就職できればいい方だ。

しかも賃金が安く、専門知識を持たない人の場合、手取りで20万円以下の場合がほとんどだ。

沖縄人が低賃金で生活できるのは、親類から食料もらったり、いろいろな助け合いがあるからだ。そういう知り合いもなく、一家族だけで生活できるほど沖縄の生活は楽ではない。

本人は20万円、パートナーがパートで10万円、合計30万円でやっと生活できる程度、子供が2~3人いて東京の大学まで行かせるならかなり厳しい生活になるだろう。

また沖縄人は独特の仕事のやり方があり、それになじめない移住者が多い。やはり、観光で行くのと仕事で行くのはまったく別と考えるべきだろう。

スポンサーリンク


2 海は綺麗だが、半年で飽きる

DSC_0005

沖縄に移住する目的は、青い海の近くに住みたいという移住者が多い。

しかし、海辺のリゾートホテルに3日も滞在すれば飽きる人もいる。永住すると、実生活、買い物、通学、通勤のことも考慮しないといけない。

海辺のリゾート地は別荘にはいいが、実生活するには不便なところが多い。

綺麗な海の近くで暮らしたかったはずなのに、結局、生活に便利な市街地に住むことになる。それなら、本土で暮らしても同じだと思うようになる移住者も多い。

 

移住者が暮らしやすい場所

都会暮らしに慣れた人なら、最初は那覇市や浦添市周辺のウィークリーマンションなどで住んで沖縄の暮らしに慣れるのがいいと思う。

ウィークリーマンションを卒業して、次に移住者が住むのが、那覇空港の南、アウトレットモール「あしびな」の周辺の豊崎地区や沖縄県人に人気のモノレールおもろまち駅周辺の新都心だ。

おもろまち(新都心)には大型ショッピングモール「サンエーメインプレイス」があり、本土の30万人~50万人都市並みの生活環境が整っている。

 

3 沖縄の不動産は高い

沖縄は田舎だし、県民の所得も低いから、土地価格が安いと思うだろう。しかし、沖縄の不動産価格は思ったよりも高い。

感覚的には、那覇市内の不動産価格は、神奈川、千葉、埼玉と同じ程度で、地方都市の割に高い。

具体的には、おもろまちのタワーマンションの新築価格は75平米で約5,000万円、中古マンションでも2,000万円~3,000万円する。

都民から見れば、25平米のワンルームで賃貸料5万円は安く思える。しかし、本土の人口20万人~30万人の地方都市であれば、5万円で一戸建てが借りられる。

そう考えるとやはり沖縄の不動産価格は高いと言える。

沖縄の不動産価格が高い理由

  • 沖縄は平地が少なく人口も増加している
  • リゾートホテルや商業施設の進出が相次ぎ、土地需要が高い
  • 沖縄は貧富の差が激しい。沖縄では低所得者も多いが、会社経営者など富裕層も多い。その沖縄の富裕層が沖縄の不動産を買う傾向が強い

 

4 沖縄の会社経営者は、冷たい、がめつい

那覇新都心(おもろまち)でのこと。カフェで隣の席に沖縄人の会社経営者らしい人とその友人が2人で来ていた。

NYやパリに海外旅行に行った話をして、最後に「沖縄に大型ショッピングモール(ライカム)ができて、そっちの方が時給がいいので自社のバイトがやめた。」と嘆いていた。

沖縄は全体的にみると失業率も高く低賃金だ。しかし、沖縄の企業経営者はその低賃金でバイトを雇って大きな利益を上げている。

沖縄の県民性は「やさしい」と言われる。実際、県民の8~9割はそうだろう。しかし沖縄人を低賃金で雇って利益を上げている沖縄の会社経営者も多いのも事実だ。

 

5 沖縄人は初対面の人に冷たい、愛想がない

沖縄旅行して感じることが、店員がまったく愛想もなく、優しくもなく、親切でもないということだ。

沖縄人は、地元の人間と深い人間関係があるので、地元民でない本土からの観光客は「よそ者」という感覚があって、ある種の警戒感があるのだろう。

しかし、こっちから、積極的に話しかけて仲良くなると、まったく別人のように親切にしてくれる。そこまで人間関係を作るのが難しい。

 

6 一年の半分はカビの季節

沖縄は湿度が高く、5月~10月の半年は、油断するとカビが生えてしまう。旅行などで1週間も家を空けると、かなりのカビが発生する。

米軍住宅などでは、電気代は日本政府負担なので、1ヵ月のバカンスでもエアコンはつけっぱなしという噂だ。

 

移住で成功した例

沖縄県北部の本部町でカフェやレストランを経営したり、名護市で手作りドーナッツ屋さんを開業した人など、小さくても事業を立ち上げて成功した人がいる。

沖縄は、観光客も多く、地元客と両方の購買客が見込める。また、車社会なので、多少立地が悪くても顧客が来てくれる。

むしろ、郊外の自然豊かなところにカフェなどを作ると評判になって、山道でも客が来てくれる。

そのため、出店費用など立ち上げ費用を安くすることができる。

 

最近、注目されているのは中城地区

中城地区は、大型ショッピングモール「イオンライカム」が建設された地区だ。中城、北中城は高台になっており、那覇市街地よりも真夏は過ごしやすいかもしれない。

「沖縄らしさ」を移住の目的にするなら、名護市あたりも候補になるだろう。那覇よりも家賃が安く、海まで徒歩10分程度の物件も多い。

中古の軽自動車でも買えば、ショッピングモールも利用でき、日常生活には困らない。しかし、那覇空港から名護市まではバスで1時間30分程度かかるので、頻繁に本土と往復するのには不便だ。

関連リンク

沖縄に移住した芸能人

-沖縄