旅行 沖縄

ジンベイザメに会える見れる水族館、日本ではこの4館だけ

1 [美ら海水族館](沖縄県)

DSC_0171

 

DSC_0088

黒潮の海」長さ35m×幅27m×深さ10m 水量7,500トンで日本最大級。

ジンベイザメは水中で垂直になって捕食するが、それを水族館で見れるように水槽の深さが10mになっている。

従来は3頭のジンベイザメがいたが、3頭とも成長したため、ゆとりある水槽スペースを確保するため一番小さいジンベイザメを海の生簀に移動させた。

2016年12月現在、館内で見れるジンベイザメは2頭となった。

2014年度の入場者数は323万人で日本一となった。

入場料 1,850円

アクセス 沖縄県本部町(那覇空港から車で1時間30分~2時間)

美ら海水族館(沖縄)に100円で入る方法

2 [海遊館](大阪府)

太平洋の海」長さ34m×深さ9m 水量5,400トン

1990年開館当時は本州でジンベイザメが見られる唯一の水族館だった。年間水族館入館者数は約220万人~250万人で「美ら海水族館」と1位2位を争う。

見学所要時間 2時間~2時間半

入館料
大人(高校生・16歳以上) 2,300円
子ども(小・中学生) 1,200円
幼児(4歳以上) 600円
シニア(60歳以上)証明書呈示 2,000円

アクセス JR大阪駅から地下鉄中央線「大阪港」駅下車徒歩5分
スポンサーリンク



 [横浜・八景島シーパラダイス](神奈川県)

ジンベイホール」(イルカなどのショープール)水量3,500トン

東日本で唯一ジンベイザメが見れる。ちなみにジンベイザメは千葉の定置網で捕獲された。

2016年10月16日、ジンベイザメの「七海」永眠

八景島の飼育期間2010年11月~2016年10月の6年間

最寄駅 金沢シーサイドライン八景島駅徒歩10分(京急金沢八景駅から乗り換え)

3 [いおワールドかごしま水族館](鹿児島県)

黒潮大水槽」 長さ25m×深さ5m 水量1,500トンと小さいためジンベイザメの体長が5.5mに達するまで飼育し、海の海に帰す。

1997年開館、「いお」とは鹿児島弁で「魚」を意味する。

入場料 1,500円

ライブカメラ

JR鹿児島駅から徒歩15分、JR鹿児島中央駅から市電15分「水族館口」下車徒歩8分
JALで行く国内旅行

4 [のとじま水族館](石川県七尾市)

パノラマ大水槽」 対角距離20m×深さ6m 水量1,600トン

水槽の深さは6mなので体長5.8mまで成長すると、海に放流する。

2016/10現在、オスの「モモベエ」が体長6mになったため海に放流された。これでメスの「イオリ」の1頭だけの展示となった。

入場料 1,850円

アクセス 金沢駅から車で1時間、和倉温泉駅からバス30分

チーターに会える見れる12動物園

-旅行, 沖縄