電力自由化

エネット(PPS) 家庭用新電力の料金は? 低圧電力自由化

エネット(ENNET)とは?

NTTファシリティーズ(40%)、東京ガス(30%)、大阪ガス(30%)の共同出資会社で本社は東京都港区芝公園フロントタワー。資本金63億円。2000年に設立された。

サービスエリアは?

事業用では、すでに関東、関西、中部でサービスしており、北陸、四国、沖縄以外の全国をサービスエリアとしている。

電力供給実績は?

事業用では、7000社、年間300万KWの供給実績がある。

料金体系は?

企業向けでは、30分ごとに電気使用料を「見える化」し、電気使用量のピークに節電すると料金を安くするプランを提案してきた。

すでにマンション一棟単位で電力供給(200棟2万戸)している。その場合、スマートメーターを使ってサービス提供、料金自体は5%安く、ピーク時に節電をするとさらに安くするプランで合計20%の電気代節約でききた例もある。

家庭用電力自由化のシェア目標は?

事業用新電力のシェアは約5割なので、家庭用でも5割をめざずとされる。

2016年1月現在、エネットは各家庭と直接契約するのではなく、取次店経由で電力供給する予定。

エネット(個人、家庭向け電力販売について)

新電力(事業用)でのシェアは?

新電力の中では最大シェアの46.8%。

1 エネット 46.8%
2 Fパワー 9.7%
3 丸紅 7.0%
4 JX日鉱日石 6.0%
5 日本テクノ 5.1%
6 サミットエナジー 4.2%
7 新日鉄 3.8%
8 その他 17.4%

自社発電所

茨城、舞鶴に発電所を持つ

電気料金の内訳は?

電気料金と言っても電気料金(基本料金+電力量料金)のほかに、燃料費調整額、太陽光付加金、再生エネルギー賦課金。が加算されている。

-電力自由化