FX 株式 経済

CTAの投資戦略の弱点

CTAとは?

(Commodity Trading Advisor)を略してCTAという。トレンドフォロー型投資と言われる。つまり、相場が値上がりすれば、買い。逆に値下がりするなら売る。

運用資産は20兆円と言われる。

CTAはレンジ相場が苦手

CTAはトレンドフォロー型投資なので、「トレンド」がはっきりしない「レンジ相場」では利益をだせない。相場は1ケ月近くも「レンジ相場」で膠着すると、CTAは身動きが取れない。

したがって、CTAは「レンジ相場」と判断した場合、ポジションを少なくする可能性がある。具体的には、2015年8月からCTAは売りポジションだったが、2015年10月のレンジ相場から、ポジションを買い戻す動きをしていると考えれらる。

CTAは経済が分かっていない

CTAを運用しているのは、欧米の大学院で数学や物理学を勉強した者が多い。Ph.Dという博士号をもっている者も多い。

株価や為替のチャートを見て、まるで科学実験の結果を解析するように、相場を予想する。しかし、経済のファンダメンタルズや国際情勢には疎い。

結局、CTAはチャートしか見ていない。欧米の一流大学院の数学、物理学修了の優秀なトレーダーなら、チャートだけで利益をだせるのだ。

CTAの投資対象

CATは運用額が大きいため。流動性の大きい銘柄を投資対象とする。外国為替や日経平均連動ETFなどだ。日本の小型株などは投資対象としていない。

-FX, 株式, 経済