ネット情報 経済

LOHACO(ロハコ)てなに?

LOHACO(ロハコ)は

法人用通販会社「アスクル」が2012年10月開業した家庭向け日用品、医薬品インターネット通販サイト、ブランド。由来はLots of Happy Communities。

ヤフーがロハコの運営会社「アスクル」の株式の約45%を持ち、2015年にヤフーの連結子会社となった。

アスクルの概要

アスクルは法人用通販会社で、2015年5月期の業績は、売上高が2767億円、営業利益は68億円。

法人用の日用品も扱い、その経営資源を利用し、家庭用通販市場に参入した。個人用通販の「ロハコ」事業は、売上約200億円で年間32億円の赤字。2012年の事業開始から3年連続の営業赤字。

2016年5月のロハコ事業の売上高目標は300億円(+50%)としている。そのため6億円の販促予算を計上し、TVCMなどの広告を積極展開する。

課題と競合他社

通販会社の配送料は売上の1割となっている。ロハコ事業の売上は200億円なので配送料は約20億円と推定される。

1,900円以上の買い物で送料を無料としているので、配送料が経営の負担になっている。法人用通販事業「アスクル」とのシナジー効果があまりでていない。

アマゾン、楽天、西友など家庭用日用品通販会社が先行している。

-ネット情報, 経済