旅行 沖縄 経済

イオンライカム(沖縄)開業半年750万人 順調なのか?

イオンモール沖縄ライカムが2015年4月に開業

イオンライカムは那覇空港から車で沖縄道を北上し約50分のところに立地する。北中城村(沖縄本島中部)の大規模ショッピングモール。

外観は琉球の宮殿をモチーフとし、観光とショッピングの融合をコンセプトに建設された。

開業後、半年で来場者750万人、2015/4~2016/2で1,100万人を記録した。

1,100万人のうち、1,000万人以上は地元客という。沖縄県の人口は140万人なので、県民1人当たり7回来たことになる。

観光客は100万人以下で、予想よりも少ない感じがする。やはりアクセスに問題があるようだ。

イオンモール沖縄ライカムの規模

敷地面積は約17万5000平米、延床面積は約16万平米(駐車場を含む)、総賃貸面積は約7万8000平米。

駐車場は4,000台。年間予想来場者約1,000万人。

問題点

沖縄道のICから5kmなので5~10分で行けると思ったが、実際には信号や渋滞があり約20分程度かかる。

結局、沖縄道のICから往復で40分の時間がかかる。観光の途中で立ち寄るには時間のロスが大きい。

本州の大型ショッピングモールと同じような店が多く、本土からの観光客にとっては珍しさはあまりない。お土産もイオンライカム独自の物は少ないように思えた。

来場者数は順調だが、9割以上は地元の人間で観光客は1割以下となっている。

ライカムという名前の由来

ライカムという名称は北中城村に米軍の司令部(Ryukyu Command headquarters)があったことなら名づけられた。

現在でも、「ライカム交差点」「ライカム坂」などの地名が残っている。

サンエー(沖縄資本)が大型商業施設建設を計画

イオンライカムができるまで沖縄県最大の商業施設は「那覇メインプレイス」(売り場面積約3万7000平米)だった。その運営会社サンエー(東証上場2659)は、2018年に沖縄県浦添市に、大型商業施設を開業する。

商業施設の規模は、敷地面積は約8万6000平米、店舗面積は約6万平米、駐車台数は約3700台を予定する。

ホテルも併設する。イオンライカム近辺もホテル建設を計画中で、ショッピングセンター+ホテルという組み合わせで売上を伸ばす方針。

-旅行, 沖縄, 経済