旅行

函館の観光、ここだけは行っとけ 新幹線開業 2016/3

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

北海道新幹線 新函館北斗駅までのアクセス

北海道新幹線の函館の最寄駅は新函館北斗駅で、函館駅からJR線で17~20分(18km)かかる。東京~函館北斗駅は所要時間約4時間(863km)。また東京~新函館北斗駅は一日10往復、仙台~新函館北斗駅などで3往復の合計13往復の予定。

函館の観光エリアは3つ

函館市街地の代表的な観光エリアは、五稜郭エリアJR函館駅前エリア函館ベイエリアの3つである。函館は車社会なので、JR函館駅前と言っても大型商業施設などはあまりない。

市電は6~10分間隔で運行しているので観光客には便利。十字街より先は2系統(函館どっく前行)と(谷地頭行)分かれるので要注意。

五稜郭エリア

DSC_0064-300x169

 

五稜郭があり、デパートもある商業エリアで周辺にはミシュラン星付レストランもある。六花亭カフェもある。

函館駅前エリア

朝市が有名だが、午後3~5時に閉店になる店が多く、有名店は早く売り切れる場合がある。青函連絡船「摩周丸」が係留され記念館として公開されている。

函館ベイエリア

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

倉庫街、教会が多く、歩いて観光するには一番いい。ホテルラビスタ函館ベイに隣接する。雰囲気のあるレストランやカフェがある。

 函館元町

P6220335-300x225

 

教会が多く厳かな雰囲気。ロシア正教の教会も多い。

函館山の夜景

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

最近は外国人観光客も多く、観光シーズンはロープウエーが混雑する。待ち時間30分程度かかる場合がある。

トラピスチヌ修道院

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

函館空港の近く、静かな雰囲気、マドレーヌが有名。

大沼公園

DSC_0015-300x169
遊覧船で大沼を一周するコースが有名。

-旅行