沖縄

中尾彬さん、パパイヤ鈴木さん、なぜ有名人は沖縄に移住するのか 

DSC_0023

中尾彬さん

俳優の中尾彬夫妻は、2002年から沖縄に自宅マンションアトリエを持ち、月2回ほど沖縄に行き、月間10日間ほどを沖縄で過ごす。

残り20日間は東京を中心に生活している。また2008年には沖縄県から「美ら島沖縄大使」に任命された。

 

中尾さんがテレビで紹介した沖縄のレストラン

・琉球茶房あしびうなぁ(首里城近く、沖縄芸術大近辺)

DSC_0064

沖縄そば、単品600円(税抜)、沖縄そば定食800円(税抜)、ゴーヤーちゃんぷるー定食820円(税抜)。あぐーの生姜焼き定食1,280円(税抜)。

沖縄らしい庭もあり、沖縄の古民家を訪問したようなアットホームなお店。首里城からモノレール首里駅方向へ約5分。

 

・天久テラス 会員制オーシャンビュー天ぷらダイニング

アクセス 沖縄県那覇市天久845

モノレール「美栄橋駅」あるいは「おもろまち駅」から2km

dsc_0474

那覇市新都心の風景

パパイヤ鈴木さん

P1010610

読谷村風景(パパイヤ鈴木さんの自宅ではありません)

沖縄に移住する芸能人は多い。パパイヤ鈴木さんも、沖縄県読谷村に移住した。沖縄の知人から外国人用住宅(一戸建て)を安く(10万円台前半)で賃貸している。

仕事があると東京に通う生活スタイルをしている。

宮本亜門さん

宮本亜門さんも1999年に沖縄本島南部南城市に移住。那覇空港から車で約30分、オーシャンフロント(海辺)のおしゃれな一戸建てに住んでいる。

BIGIN

BIGINのメンバーは元々沖縄出身だが、東京でバンド活動の後、メンバーの一人、比嘉栄昇さんは石垣島に戻った。

田中律子さん

dsc_0036

恩納村のビーチ

タレントの田中律子さんも月の10日前後を沖縄で暮らしている。恩納村にオーシャンフロントの4階建ての自宅で一人暮らしをしている。

ご本人のブログ、インスタグラムでは、マイ・ヨガスタジオとして「rchamba(アールチャンバ)」が紹介されていている。

沖縄の海でスタンドアップ・バドルを使ったヨガレッスン(サップヨガ)をしている。

一般社団法人 日本サップヨガ協会理事長に就任。

この記事の内容は、ご本人がテレビやブログで公開している情報をまとめたものです。

スポンサーリンク




なぜ多くの芸能人が沖縄永住するのか?

東京での仕事は分単位で決められていて、芸能人タレントもそれに従うしかない。しかも3年先のスケジュールまで決まっていて動かせない。

そもそも芸能人は「アウトプット」の仕事、仕事することで自分を消費する。どこかで「充電」しないといけない。その充電場所として沖縄を選択したようだ。

東京~沖縄は飛行機で2時間30分で移動できる。しかも、一日30便(往復)あり東京で仕事して、沖縄でリセットするのに都合がいい。

東京と違う沖縄の生活が芸の幅を広げるのに役立つのかもしれない。実際、雑誌で沖縄移住のインタビュー記事が掲載されたり、テレビ出演のネタになったりしている。

那覇と名護では大きく違う、自分に合った街がある

那覇は人口30万人だが、那覇空港の年間利用者は1,700万人と多い。また、那覇空港からモノレールが開通しており、那覇市内には100m超のタワーマンションも建設されている。本土の50~70万人の政令指定都市並みに発展している。

一方、名護市は那覇から約70km(車で1時間半)だが、高速道路が開通したのはここ30年で、那覇と違ってのんびりした雰囲気がする。

沖縄本島は狭いようだが、実際は、多様な街がある。自分の気に入った街を見つけられるのが魅力かもしれない。

沖縄移住は、やはり楽ではなかった

-沖縄