経済 飛行機マイル

格安航空LCCの運航コストはいくらか?

前回 飛行機の運航コストで試算

今回は実際には日本には存在しないが、ボーイング737-800を使ったLCCについて試算してみた。

LCCと言えどもリース料、整備費、燃料代は同じ

前回は羽田~福岡 1日4往復8便で計算したが、LCCは成田~福岡 1日5往復10便で計算する。

リース料が月間3,400万円、整備費は月間3,200万円とする。1日当たり飛行機が5往復(成田~福岡)すると、1日10発着、月間約300回となる。

よって1飛行当りのリース料は約11.3万円、整備費は約10.7万円の合計22万円となる。

飛行機の燃費

ボーイング737-800の最大搭載燃料は26,020リットル 最大航続距離は5665 km。
つまり1リットル当り218m飛べる。逆に言うと1km飛ぶのに必要な燃料は4.6リットルとなる。

成田~福岡 1000kmの場合4,600リットル消費する。1リットル当たり120円とすると燃料費は約55万円となる。

着陸料

着陸料は飛行機の重量1トン当り2000円程度、737-800は飛行機の重量が71トンなので着陸料は約14万円となる。

直接運行経費

上記を合計すると、1フライト当りのコストはリース料(航空機機材費)11.3万円、整備費10.7万円、燃料費55万円、着陸料14万円の合計91万円になる。

人件費など

乗務員や空港スタッフの人件費 業務委託費を試算する。 前回試算した通常のエアラインは1飛行当たり18万円だったので、LCCは2割安で1飛行当たり15万円と推定される。

飛行機の運行コスト試算の結果

上記を合計すると1便当り(成田~福岡を想定)の運航コストは約106万円となる。この106万円を177座席の1割増の194座席で割ると1座席当りコストは5,500円となる。

座席数194人座席で平均搭乗率85%だと平均乗客数は165人となる。運行コスト約106万円をこの平均乗客数で割ると、106万円÷165人≒6,400円となる。

さらに会社を運営するには本社職員人件費や販売管理費がかかるので、それらを含めると損益分岐点は成田~福岡で8,000円程度と思われる。

通常のエアラインの場合、羽田~福岡で損益分岐点は1万円~1万2000円なので、やはりLCCは価格競争力がある。

LCCのビジネスモデル

LCCと言えども成田~福岡で6,400円が直接コストとなる。予約率が低い段階では5,000円~6,000円で販売、予約率が40~50%になると販売価格を上げ、予約率80%近くになると成田~福岡でも1万円近くになる。

通常のエアラインの運行コストはこちら

LCCについては着陸料約14万円が減免されていることがあり、コストが試算より安い場合がある。

-経済, 飛行機マイル