経済

レセプト債とは?

レセプトとは、

レセプトとは、患者が病院で診療を受けたとき、病院が患者が加入する保険組合(国民健康保険、厚生健康保険)に診療報酬を請求する際の明細書のこと。

レセプト債の仕組み

病院がレセプトにより診療報酬を各保険組合に請求しても、実際に保険組合から支払われるまでには日数がかかり、患者の受診と資金回収までの時間差(タイムラグ)が発生する。

このタイムラグを解消するため、レせプトで請求した診療報酬(債権)を買取る業者が発生した。

この買い取り業者は債権回収会社(ファクタリング会社)と呼ばれ、買い取り時点から実際に支払われるまでの期間分の利息を引いて買い取り、期日に満額の診療報酬を得ることで、利益を出している。

この買い取り業者(ファクタリング会社)は、買い取った診療報酬債権を、まとめて、さらに投資家に売却することがある。この金融商品を「レセプト債」と呼ぶ。

レセプト債は、最終的に、健康保険組合、国民健康保険組合が支払うので、比較的安全な債権だ。しかし、不正があれば、安全とは言えない。

-経済