国内政治

政党支持率 「自民」「おおさか維新」上昇 2015/12

政党支持率(毎日新聞12月5、6日調査)

自民 29%
民主 7%
おおさか維新 6%
公明 3%
共産 3%
維新 1%

安保法制に関するメディアの報道について

テレビや新聞は「国民の多くが安保法制に反対」しているように報道していた。しかし、内閣支持率は43%、不支持率は37%と支持の方が多数派となった。

安保法案は2015年9月19日成立したが、政党支持率、内閣支持率を見ると国民は安保法案を容認したと見るべきだろう。

国会前デモについて

安保法案に反対して、数万人の国民が国家を取り囲んだ。実態はどうだったのか?新潟県の地方紙の報道部長が、ツイッターで「東京大行進に行くための、新幹線グリーン席ゲット、日当もデルからサイコー」と書き込みしたことが分かった。

特定の団体の動員があった可能性がある。

大阪W選挙について

2015年11月22日の大阪府知事選、大阪市長選で「おおさか維新」の候補者が当選した。地方レベルではあるが、自民、民主、共産が自民候補を支持することに、違和感を感じた有権者が多かったと思う。

おおさか維新

地方政党ながら「おおさか維新」の支持率は6%であり、民主の7%、公明3%、共産3%であるため国政でも第三党になる可能性がでてきた。

衆議院大阪選挙区は19選挙区あり、維新候補の12名が小選挙区と比例近畿で当選した。

しかし、京都府や兵庫県は大阪に反発する世論があり、関西全体に「おおさか維新」の支持が広がることはないのかもしれない。

ただ、「おおさか維新」は公務員人件費削減の実績があり、この一点で全国に支持が広がる可能性がある。

-国内政治