グルメ 旅行

小樽が北海道の中心だった

小樽が北海道経済の中心だった時期がある。

その歴史遺産が現在の運河や銀行の建物、倉庫街だ。

 

そもそも小樽とは?

北海道の開発は、1855年の函館開港に始まる。1859年に函館港は国際貿易港となり、明治初期には北海道の中心は函館であった。

その後、北海道の開発は進み、1899年に小樽港が国際港となり小樽が北海道経済の中心になる。小樽周辺の炭鉱から鉄道を小樽港に敷設、小樽港から石炭が出荷された。

このころ、小樽には全国から炭鉱労働者、港湾労働者が集まった来た。また、物流がよくなったことでニシン漁も盛んになり全国から「ヤン衆」と呼ばれたニシン漁の季節労働者が集まった。

日銀小樽支店など多くの銀行が集積し「北のウォール街」と呼ばれ、北海道の物流の中心となり、日本郵船小樽支店や倉庫街も建設された。

小樽の衰退

昭和にはいると、ニシン漁が不漁となり衰退した。昭和30年代から小樽周辺の炭鉱も衰退しはじめ、1989年に閉山となった。

北海道の経済中心が札幌に移り小樽の経済も衰退。各銀行の小樽支店も閉店。

観光都市「小樽」として復活

1987年、小樽運河に散策路、ガス灯が整備され、ノスタルジックな北の港町として観光客に人気となる。倉庫街もレストランやオルゴールなどのアンティックショップとなった。

北海道の海鮮や港町の連想から「小樽寿司」が全国的に有名となった。

小樽港とは?

小樽港は貨物港が中心で漁港の水揚量は少ない。

平成26年全国主要漁港取扱高

釧路港 13万トン

根室港 12万トン

函館港 3万トン

小樽港 2万3000トン(平成24年)

小樽港の水揚げ3万3000トンのうち1万4000トンは「ホッケ」

北海道人の味覚

北海道の赤飯には「甘納豆」が入っている。寒いと味覚が鈍るので、北海道の味付けは全般的に味は甘く、濃い傾向にある。

寿司のシャリも甘い感じがする。

まとめ&補足

小樽の人口は明治初期 2,000人

1964年ピーク 20万人

1980年    18万人

2000年    15万人

2015年    12万人

小樽の人口は減少高齢化している。

地元民が減少しているので、小樽の寿司屋で食べているのは、ほとんど観光客になっている。

観光客ばかりになるとシーズンオンとオフの売上の差が大きくなるので、シーズンオンのときに値段を高くして売上を上げるしかない。

小樽は北海道でも日本海側で雪が多い。冬の雪のときに地元民が寿司を食べに行くだろうか?

大正、昭和30~40年ころまでは、小樽も栄えていて、漁港の水揚げも多かったから、寿司も美味しかったかもしれない。

赤酢を使う地元で有名な寿司屋も行ったが、もう一度行きたいとは思わない。

地元民は駅前の500円ランチの店で行列している。地元の人間が食べない料理は、やはり廃れていくのかもしれない。

観光客しか食べない料理はどこでも高くてまずいものになる。

小樽は、全国から港湾労働者や炭鉱夫が集まってきた街なので、すし屋も無礼、値段が高い、不味いというのは当然のことだろう。

-グルメ, 旅行