電力自由化

東京電力「新料金プラン」発表 電力自由化

2016年4月から始まる「家庭用電力自由化」で、東京電力は新料金プランを2016年1月7日に発表した。

電話での受付は1月8日午前9時から、WEBでの受付は1月15日午前9時より開始する。

ガス、携帯電話、ポイントサービスと提携予定

携帯電話  SoftBank
ガス  ニチガス
ポイントサービス ポンタポイント
T-POINT

電気料金1,000円につい5ポイント貯まる(東京電力)

電気料金1,000円につき、5ポイントが貯まる。このポイントは選択制で「ポンタポイント」や「Tポイント」が選択できる。

スタンダードプラン(東京電力)

現在の料金プランに近いプランで、年間1,000円程度安くなる。

プレミアムプラン(東京電力)

月間400kwhまでは定額で、それ以上の電気使用料金の単価が安くなる。現在月額電気料金17,000円以上の家庭向けのプラン。

3月31日までに2年契約した場合、2年間で約25,000円~約30,000円安くなる。

夜トクプラン(東京電力)

昼間は外出していて、夜間によく電気を使う人向けのプラン。午後21時~翌朝9時までの電気料金が安くなる「夜トク12」と午後23時~翌朝7時までの電気料金が安くなる「夜トク82」のプランがある。

「ソフトバンクでんき」でセット割引

ソフトバンクの携帯スマホとセット割引を開始予定。携帯スマホと電気料金の合計で年間約9,000円やすくなる。

東京ガス

東京ガスも電力販売に参入予定。ガスと電力のセット割で年間5,000円程度安くなる。

東急グループ

東急グループのクレジットカード、ケーブルテレビと電気のセット割で年間10、000円程度安くなる。

-電力自由化