健康・ダイエット

がん治療 副作用の少ない 抗がん剤 ナノマシン 臨床試験の最終段階

ナノマシン(カプセル)

ナノマシンの技術を使った「副作用の少ない新しい抗がん剤」の開発が進んでいる。現在、臨床試験段階で、早ければ数年後に、実用化される可能性がある。

現在のがん治療の3本柱

1 抗がん剤(化学療法)
2 手術
3 放射線治療

一般的には手術の方が体に負担が大きく、投薬治療の方が体に負担が少ない。しかし、がん治療の場合は、事情が異なる。

がん治療の場合、手術で切除すれば、再発を予防する経過観察をする。しかし、抗がん剤治療の場合は、激しい副作用があり、手術並みに体への負担が大きく、投薬期間も1年以上と長期間に及ぶ場合がある。

また、抗がん剤治療は治療費が高く、年間100万円以上になる場合もある。

がん細胞の特徴

がん細胞は、増殖力が強く、正常細胞よりも大量の栄養や酸素を必要とする。そのため、がん細胞の周辺には新しい血管が多くできる。

がん細胞の周辺の血管」には「普通の血管」より大きい穴が開いていて、そこから、がん細胞に大量の血液や多くのブドウ糖が運ばれる。

PET検査では、この性質を利用し、ブドウ糖を体内に注入し、ブドウ糖が集まったところを「がん細胞」と診断する。

副作用が少ない理由

「抗がん剤をカプセル化して大きさ」を「普通の血管の穴」より大きく、「がん細胞周辺の血管の穴」よりも小さくする。

そうすると、抗がん剤は、普通の血管の穴を通れないためがん細胞に集中的に集まる。

つまり、抗がん剤は、正常な細胞には届かす、副作用が少なくなる。

抗がん剤の副作用とは?

抗がん剤の副作用、脱毛、吐き気

副作用がすくないもう一つの理由

がん細胞周辺は酸性になっている。抗がん剤を「酸性になると溶けるカプセル」に入れる。

すると、「酸性になると溶けるカプセル」に入れられた「抗がん剤」は、がん細胞周辺に行ってはじめてカプセルから放出され、効果を発揮する。

したがって、健康な細胞には「抗がん剤」が行かないようになって、副作用が少なくなる。

いつ実用化されるのか?

臨床試験の最終段階にある抗がん剤もある。乳がん、胃がん、すい臓がん、肺がん、大腸がんで臨床試験が進んでいる。数年で実用化されると考えられる。

まとめ&補足

これは新しい「抗がん剤」ではなく、既存の「抗がん剤」をカプセル(ナノマシン)に入れて、がん細胞にピンポイントで届けるものだ。

既存の抗がん剤の効果を高め、副作用を抑制するものであって、すぐに、がんが完治するというものではない。

(説明が難しいのだが、成分的には従来の「抗がん剤」であり新薬ではない。しかし、薬事法では成分が同じでも製造方法を変えただけで、「新薬」として臨床試験をする必要がある。今回のカプセル化も、臨床試験的には「新薬」とされる。)

-健康・ダイエット