ネット情報 歴史

猫の起源と不思議な習性

猫の起源

世界中で飼われている猫(家猫)の起源は1万年前にイラク、イラン、トルコに生息していたリビアヤマネコとされる。

1万年前は穀倉地帯だった

現在は砂漠地帯だが、1万年前のチグリス川、ユーフラテス川両岸ではシュメール人により農耕が始められた穀倉地帯であった。この地域が後にメソポタミア文明となった。

穀物生産が拡大した結果、ねずみが大量に発生した。そこに、「ねずみ」を捕食する猫が自然と棲みついたと考えられる。

人間にとっても穀物を食い荒らす「ねずみ」を撃退してくれる猫はメリットがあった。

この時期は、人間と猫が共生していたのは事実だが、「人間が猫を飼う」と言えるかどうかまだわかっていない。

古代エジプト時代(紀元前5000年)

紀元前5000年ころに誕生した古代エジプト文明も穀倉地帯を持ち、「ねずみ」を捕食する猫が棲みついていたと考えられる。

紀元前4000年ころには、家畜として人間が飼うようになったとされる。

紀元前2000年ころ、人間を害獣から守るということで信仰の対象になりつつあった。

紀元前1500年ころには、女神ハトホルの化身として猫が神格化されていった。

紀元前1000年ころに、猫の女神「バステト」が崇拝されるようになった。

猫が前足を交互に動かす

母猫の母乳を出す仕草

家猫しか鳴かない

猫は、人間を「よくしゃべる動物」と認識していて、人間に要求するときに、猫は「鳴く」

猫の行動半径は100~200m

メス猫の行動範囲は小さく、オス猫は大きい傾向にある。

猫は流れる水が好き

猫は新鮮な流れる水が好き、特に蛇口から流れる水を飲みたがる。猫は、本来、食事とは別のところで水を飲む習性がある。

しっぽを立てる

猫は気分がいいときに、しっぽを立てる。

しっぽを横に振る

猫は気分が悪いときに、しっぽを横に振る。

ゴロゴロ鳴く

子猫が母猫を呼ぶときに、「ゴロゴロ」鳴く。成猫リラックスしたり、甘えているときに「ゴロゴロ」鳴く。

爪とぎ

自分の匂いを周辺につけて、安心する。

なぜ猫ブームなのか?

-ネット情報, 歴史