コラム 経済

弁護士事務所のCMが多い理由

過払い金の返還の手数料は返還額の20~25%と言われる。

100億円の返還があれば、弁護士報酬は20億円~25億円となる。

過払い金とは?

サラ金など消費者金融の金利は29%だった。これは利息制限法(借入金額により年15~20%)に違反するが、出資法違反(29.2%)とはならない「グレーゾーン金利」と言われた。

従来、利息制限法を上回る金利分を任意に支払った場合は、返還を請求できないとされた。

しかし、2006年の利息制限法の改正により、「利息制限法を上回る金利分を任意に支払った場合は、返還を請求できない」という条文が削除された。

これにより、利息制限法を上回る金利分を任意に支払った場合でも、返還請求できるとする判例が続出した。

過払い金請求の手続き

判例でほぼ100%過払い金請求が認められるようになったため、消費者金融は、弁護士、司法書士との交渉段階で、過払い金返還に合意するようになった。

弁護士、司法書士からの消費者金融へ借主の取引履歴照会をする

1~3ヶ月後、取引履歴が開示される

弁護士、司法書士から過払い金請求する

過払い金返還(または訴訟)

弁護士、司法書士のメリット

過払い金の全体は数千億円以上とされる。過払い金返還の事務手続きは比較的簡単で同様の案件が多いので効率的に事務処理できる。

大手の弁護士義務所は月間20億円(年間240億円)の過払い金返還があるとHPで公表している。

弁護士費用を過払い金返還額の20%とすると、年間240億円の過払い金返還に対して弁護士報酬は48億円になる。

-コラム, 経済