飛行機マイル

東京~大阪 飛行機シェア15%はピンチなのか?新幹線シェア85%

神戸新聞(2016年2月14日)は「大阪-東京間、飛行機ピンチ 新幹線シェア85%」と報道した。

しかし、羽田~伊丹路線は利用者が多いように思えるが、実際はどうなのか?

東京~大阪の飛行機の年間利用者数

2014年路線別利用者数

路線 年間利用者数
羽田~伊丹 522万人
羽田~関西 110万人
羽田~神戸 89万人
成田~伊丹 47万人
合計 721万人(768万人 成田を含む)

羽田~関西3空港の利用者は年間721万人、新幹線利用者は約4,080万人で合計約4,800万人となる。

まとめ

シェア的には新幹線85%飛行機15%と圧倒的に新幹線有利で、飛行機が劣勢のように思える。

しかし、東京~大阪の年間移動者は延べ4,800万人と母数が大きいので、飛行機のシェア15%でも、年間利用者721万人と国内航空路線の上位路線になっている。

飛行機の路線は年間利用者が100万人もいれば路線維持はできるので、リニア開通前に、東京~大阪の航空路線がなくなることはないだろう。

もし東京~大阪の航空路線がなくなれば?

現在、羽田~伊丹の便数は、1日30便60往復となっている。これは羽田空港の発着回数に換算すると年間21,900回分になる。

羽田~伊丹路線を廃止あるいは減便して、羽田空港の国際便発着枠に振り替えることもできる。

現在、羽田空港では建設費1兆円の第五滑走路の建設を検討している。

リニア開通で、東京~大阪間の飛行機利用者が減少することを考慮して、羽田~伊丹路線を廃止すれば、羽田空港の発着枠を年間約2万回捻出できる。

そうすれば、1兆円もかけて新規の滑走路を建設する必要はない。

-飛行機マイル