経済 飛行機マイル

ボンバルディア(カナダ)経営不振、北アイルランド工場1000人削減

カナダの航空機メーカー「ボンバルディア」が経営不振

ボンバルディア(カナダ)は新型航空機「Cシリーズ」の開発販売が不調で経営的不振に陥っている。

「Cシリーズ」は座席数160座席の小型航空機で、ボーイング737型機やエアバスA320型機と競合しており、販売が伸び悩んでいる。

カナダのケベック州が10億ドル(1,150億円)の救済案を模索している

カナダのケベック州は、州内の工場維持を条件にボンバルディアに対して10億ドル(1,150億円)規模の救済案を模索している。

しかし、ボンバルディアのライバルメーカー「エンブラエル社」があるブラジル政府との貿易紛争に発展する可能性がある。

MRJの行方は?

MRJは2015年に初飛行を成功させ、2016年2月にはアメリカの航空機リース会社「エアロリース」から20機(確定10機、オプション10機)を受注している。

これでMRJの受注は427機(確定233機、オプション170機、購入権24機)となる。

航空会社 受注機数 確定 オプション 購入権
ANA 25 15 10
トランスステイツ(米国) 100 50 50
スカイウエスト(米国) 200 100 100
イースタン航空(米国) 40 20 20
マンダレー航空(ミャンマー) 10 6 4
JAL 32 32
エアロリース(米国) 20 10 10
合計 427 233 174 20

ボンバルディアの海外工場の閉鎖相次ぐ

ボンバルディアは鉄道部門も持つが、オーストラリアの鉄道車両工場を閉鎖する方針。また、イギリス北アイルランドの航空機部品製造工場(ベルファスト)の従業員の1000人(工場全体の5分の1)削減を決定した。

ボンバルディアとは?

カナダの航空機、鉄道車両メーカー。航空機ではCRJシリース(座席数70~90座席)を製造している。

ANAはボンバルディアのプロペラ機「DHC8-Q400」を採用、JALもボンバルディアCRJ200型機と「DHC8-Q400」などの「DHC8シリーズ」を採用している。

エアカナダはボンバルディア「Cシリース」を75機発注した。

-経済, 飛行機マイル