旅行 飛行機マイル

国内線 飛行機 荷物重量が20kgを超過した場合の対策

実は20.9kgまでは重量超過料金は発生しない

空港のカウンターで荷物を預ける場合、20kgを超過すると重量超過料金が発生する。

しかし、時々20.6kgなど20kgをわずかに超えるときがあるが、超過料金を請求されたことがない。

その微妙なところを調べてみた。

ANAの公式HPの重量超過料金

20.9kgの場合、0.9kg超過するが、「超過重量1kg未満は切り捨て」となるため、20kgの無料範囲になる。

超過重量 超過料金
1kg未満 0円
1kg~10kg 2,500円(一律)
11kg~20kg 3,500円(一律)
21kg~30kg 4,500円(一律)
以降+10kg毎 +1,000円

プレミアムクラスは40kgまで無料

普通座席の場合、預け荷物は20kgまで無料だが、40kgになると超過料金5,500円が発生する。

しかし、プレミアムクラスに当日アップグレードすると40kgまで無料となる。プレミアムクラスの当日アップグレード料金は+9,000円なので、普通座席のまま超過料金5,500円を払うのであれば、プレミアムクラスにアップグレードする方法ある。

2名なら1つのスーツケース40kgまで無料

2名で飛行機に乗る場合、荷物の重さは20kg+20kg=40kgまで無料となる。2名分の荷物を1つのスーツケースにまとめた場合は1つのスーツケースで40kgまで無料となる。

2名分の荷物を1つにまとめるメリット

スーツケースの本体重量は4kg~8kgある。例えば、スーツケースの本体重量を6kgとすると、スーツケース2個で本体重量12kgとなる。預け荷物2個で40kgまで無料なので、

荷物だけの重量は40kg-12kg=28kgまで無料となる。

これを1つのスーツケースにまとめると、

スーツケース本体重量6kgなので、

荷物だけの重量は40kg-6kg=34kgまで無料となる。

実際には1つのスーツケースで40kgというのはめったにないが、30リットルの小型スーツケース2つよりも60リットル~80リットルの中型大型のスーツケースを1つの方が計算上は多く荷物を入れられる。

AMAZONで買う

【NEO KEEPR】TSAロック付 アルミ スーツケース キャリーケース シルバー/ブラック ネオキーパー 4輪/2輪キャスター 旅行 ビジネス お子様用にも 1泊~7泊

新品価格
¥46,600から
(2016/3/13 07:39時点)

-旅行, 飛行機マイル