沖縄 経済

USJ 沖縄テーマパーク進出断念

2016年5月11日、菅官房長官は記者会見でUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)が沖縄進出を断念したと政府に伝えてきたと公表した。USJは経営資源を既存の大阪のテーマパークに集中投資するため、沖縄進出を断念したと言う。

なぜ、官房長官が発表したのか?

一企業の沖縄進出断念を官房長官が発表することに違和感がある。やはり、USJの沖縄進出は日本政府の関与があったと思われる。

USJ沖縄進出の経緯

2015年7月、USJは沖縄進出を発表した。当時、政府と沖縄県は辺野古移設を巡って対立しており、政府が沖縄の民意を改善するためにUSJの沖縄進出を利用した側面がある。

また、USJ(大阪)の敷地は拡張余地があまりなく、あと数年で入場者数の限界が来ると予想されていた。そのため、訪日観光客が増加し、東南アジアにも近い沖縄に進出する計画を立てたと思われる。

沖縄進出を断念した理由

その後2015年11月にUSJがアメリカの「コムキャスト」に買収されたため沖縄進出が危ぶまれてきたが、2016年5月に正式に沖縄進出断念と決定した。これは、経営者交代により、経営資源を大阪のUSJに集中することになったのと、沖縄のテーマパークでは採算が取れないと予想されたためと思われる。

USJと東京ディズニーリゾートの入場者数と入場料金

入場者 入場料(税込)
USJ 1,390万人 7,400円
東京ディズニーリゾート 3,019万人 7,400円

沖縄の観光者数

2015年度の沖縄の観光客数は793万人。前年度比+10.7%と過去最高となった。沖縄海洋博公園の入園者数は461万人(2015年度)、美ら海水族館の入館者数は341万人(2015年度)。沖縄海洋博公園(無料)の中に美ら海水族館があるので、両者の人数は重複している。

沖縄海洋博公園の立地

那覇空港から沖縄海洋博公園までは、沖縄自動車道経由で約96km 2時間、国道58号線経由で約90km、3時間。沖縄自動車道は約70km程度しか開通していないので、那覇からは往復で4時間かかる。また、最近では土日などに渋滞することが多く、片道3~4時間かかる場合もある。

沖縄USJの採算

USJや東京ディズニーランドと同規模のテーマパークなら数千億円の投資が必要で、それは首都圏人口3,000万人、関西圏人口2,000万人程度の周辺人口がないと無理。

沖縄USJの開発費用は600億円、採算ラインの年間来場者数は600万人と見られていたが、沖縄県の人口は140万人、年間観光客数も約800万人なので、採算ラインは困難と予想された。

沖縄USJの立地

建設予定地は那覇から往復4時間なので、美ら海水族館で2時間滞在すると、USJ沖縄テーマパークの滞在時間が取れない可能性があった。テーマパークは滞在時間を長くして、飲食などで売上を上げるビジネスモデルなので滞在時間が短いのは致命的だ。

那覇市内からできれば30分以内の立地であれば200~400億円程度の投資でできるテーマパークは十分に可能性はある。または、美ら海水族館近辺の伊江島空港を2500mまで拡張し、沖縄本島まれ約3kmの連絡橋を作れば実現可能かもしれない。

まとめ

政府関係者は沖縄の地理を余り知らないと思われる。沖縄は小さい島と思っているかもしれないが、実は長さ106kmあり、面積は2,281㎢、ある。

これは、東京(2,190㎢)、大阪(1,904㎢)、香川(1,876㎢)よりも大きい。しかも那覇空港は南の端にあるので、沖縄北部名護市周辺から南の那覇空港までは約2時間かかる。したがって沖縄北部(名護市)に空港がもう一か所あってもいい。すくなくとも利用者は年間100万人は見込める。ちなみに那覇空港の利用者数は1,828万人(2015年度)。

-沖縄, 経済