国際情勢

尖閣に自衛隊が防衛出動するだけで中国は崩壊する

自衛隊が尖閣列島周辺で防衛出動した場合、中国軍には1%の勝ち目もない。

尖閣で軍事衝突した場合

自衛隊が先に尖閣に防衛出動しているときに、中国が軍事的行動を起こしても中国軍は1時間以内に全滅する。

E-767(AWACS)の探知距離は650km~800km。那覇空港から尖閣までは410kmなので、尖閣周辺の戦闘空域をカバーできる。

F-15Jが40機ずつ尖閣上空で防衛、イージス艦も4隻を配備すれば、尖閣に100km以内に接近する中国戦闘機Su-27、Su-30、J-10、はすべで撃墜される。

そうりゅう型潜水艦5隻、P1哨戒機10機、P3C哨戒機10機で尖閣周辺を防衛すれば、中国潜水艦は、瞬時に撃沈される。中国に全く勝ち目はない

中国軍が軍事行動を起こさなかった場合

逆に、中国共産党が軍事的行動を起こさない場合、中国国内では弱腰の共産党政権に批判が集中する。

現在、中国経済は減速し、貧富の格差は拡大している。中国の下流2~3億人はいつでも暴発しそうな雰囲気だ。

彼らは中国共産党の失政があれば、いつでも中国共産党を打倒するつもりでいる。

日本の自衛隊が尖閣周辺に防衛出動して、中国軍が全く対応しない場合、中国各地で暴動が多発し、中国は内部崩壊する可能性が高い。

まとめ

日本は尖閣問題を有利な状況に利用できる。安倍首相が自衛隊に尖閣の防衛出動を命令するだけで、中国共産党は崩壊する可能性がある。

ただし、この防衛出動は原則、国会承認が必要となるが、自衛隊法88条により防衛出動のときは「わが国を防衛するため」に武力行使を認めている。

この点は基本的に「正当防衛」の範囲での「武力行使」が認められるだけの「海上警備行動」よりも自衛隊は動きやすい。

中国の海警船は中国海軍の戦艦を白く塗って、装備を機関砲に変更しただけだ。

その元戦艦が、日本の領海に侵入し、「中国の領海」と宣言した段階で、日本は防衛出動してもいいはずだ。

日本国内法で「外国公船が我が国領海に侵入し、領有宣言をした場合、総理大臣は防衛出動を命令することができる」といった法案を成立させるべきだ。

-国際情勢