国際情勢

中国の過剰鉄鋼生産が世界的問題に

今、世界的に中国の鉄鋼生産の過剰生産が問題になりつつある。

世界の粗鋼生産量 2015年

順位 国名 鉄生産
1 中国 8億400万トン
2 日本 1億500万トン
3 インド 8960万トン
4 アメリカ 7900万トン
5 ロシア 7100万トン
6 韓国 6970万トン
7 ドイツ 4300万トン
世界合計 16億2000万トン

中国の鉄鋼生産

中国の粗鋼生産量は年間約8億トンと全世界の粗鋼生産量16億トンの約半分となっている。中国の国内需要は約4億トンで、4億トンが過剰生産となっており、そのうち、約1億トンが世界に輸出されている。

この安い中国の鉄鋼輸出の結果、世界的に鉄鋼価格が低下し他の粗鋼生産国のメーカーが経営的に危機に陥っている。

なぜ中国は粗鋼の生産過剰を辞められないのか?

中国の農村は衰退してる。中国の地方には鉄鋼メーカーくらいしか、大きな工場がない。したがって中国の地方政府は鉄鋼メーカーを財政的に支援して従業員の雇用を維持している。

もし、中国の過剰生産をやめるなら、中国全土の各地で万単位の失業者が発生し、地方の経済が破綻する危険性がある。

日本への影響

日本の製鉄業は高品位商品が多く、中国の低品質の鉄鋼とはあまり競合はしていない。しかし、世界的な鉄鋼価格の低下により、日本企業も悪影響を受ける可能性が高い。

まとめ

中国の鉄鋼メーカーは500社あり、地方政府と密接な関係がある。鉄鋼の過剰生産を解消すると多くの鉄鋼メーカーは倒産し、数万人の失業者が発生する。そうなると、暴動が多発し中国の治安が悪化する。

国際的にも中国の鉄鋼の安値輸出は批判されている。簡単には解決できない問題で、確実に中国の経済を悪化させる要因になっている。

-国際情勢