スマホデジタル ライフハック 節約

ガラケー 159円通話し放題プランを契約してみた ソフトバンク

ソフトバンクから月額159円で通話し放題のプランが出たので契約してみた。

しかし、実際には契約諸費用端末代9,800円などがかかり、3年間平均で月額680円となる。

月額159円で通話し放題になる仕組み

ガラケーのりかえ割」と「月月割」を利用することで月額159円となる。

通話し放題(ガラケーのりかえ割) 月額 1,479円
月月割 月額 -1,320円
差引 月額 159円

・「ガラケーのりかえ割

通常月額2,376円の「通話し放題プラン(ケータイ)3年間」が月額1,479円となる。

・「月月割(36ヵ月)」

月月割1,320円を割引くとで、月額159円となる。

スポンサーリンク




適用条件

1)ドコモAU、の従来型携帯電話ガラケー)からソフトバンクのシャープ製AQUOSケータイ「501SH」に乗り換えること。

2)ソフトバンクの「通話し放題プラン(ケータイ)」を3年契約で契約すること。

価格、費用

項目 金額
携帯端末代金(一括) 9,800円(契約時のみ)
契約料(MNP転入) 3,240円(契約時のみ)
初月パケット5GB 5,400円(初月のみ)
S!ベーシック 324円(初月のみ)
36ヶ月通話代 159円×36ヶ月=5,724円
36ケ月の支払い総額 24,488円
一月当たり支払い金額(36ヶ月の平均) (680円)

月月割1,320円は契約の翌月から36回の適用だが、ここではわかりやすく総額で計算している。

S!ベーシック月額324円)を解除するとメールやインターネットはできないが、SMSはできる。(他社向け送信のみ1通3円)

初月のパケット定額5G日割りできず、1日でも必ず5,400円(税込)がかかる。

シャープ製AQUOSケータイ「501SH」

4Gケータイで、いわゆるAndroid携帯でLINEアプリやBluetoothに対応するが、Wi-fi接続はできない。ディスプレイは3.4インチ液晶。バッテリー容量は1410mAhで1日で電池消費率は10%減少する。

・テザリングでインターネットも可能

 Bluetoothテザリングで他のスマホやPCなどに接続すればインターネット接続が可能となる。

Android携帯なので、定期的なアップデートが予想されるが、その場合の通信料は無料と店頭で説明された。

まとめ

実際に月額159円の通話し放題となるのは2ヶ月目からで、初月は機種代9,800円やパケット5G定額5,400円などで約2万円の費用がかかる。

初期費用
項目 金額
転出費用(auから) 3,240円
端末代金 9,800円
契約料 3,240円
初月パケット5GB(日割りは不可) 5,400円
S!ベーシック(初月は日割り)  324円
初月通話し放題料金(初月は日割り) 1,288円
初期費用合計 23,292円

3年間で平均すると月額680円で通話し放題となる。しかし、AUからの転出費用3,240円を含めたり、初月基本料金1,288円には月月割が適用されないことなどを正確に計算すると3年間の「通話し放題プラン」の総額は29,016円となり平均月額料金は806円となる。

AUカケホ(ケータイ)との比較

ちなみに今まで契約していたAUのカケホ(ケータイ)料金は2年間の割引適用期間で月額1,029円(月額2,200円-1,350円(毎月割)+2円(ユニバーサル)+税金)だ。

しかし、毎月割がなくなる3年目からは月額2,378円(2,200円+税+2円)なので、ソフトバンクの「通話し放題プラン」の平均月額806円は安いと言える。

-スマホデジタル, ライフハック 節約