国内政治

安倍政権、参議院で改憲勢力で3分の2を目標か?青山氏擁立の意図

報道によると、ジャーナリストで民間のシンクタンク「独立総合研究所」社長の青山繁晴氏が7月10日投開票の参議院選挙に出馬する。

経歴

1952年 兵庫県生まれ
1979年 早稲田大学政経学部卒業
1979年 共同通信社入社
1997年 共同通信社退社
1998年 三菱総研入社
2002年 独立総合研究所設立
2007年 近畿大学客員教授

参議院比例区に出馬予定

参議院選挙には選挙区(東京、大阪など)と比例区がある。そのうち比例区に出馬すると見られている。選挙区であれば、今から選挙活動しても組織が間に合わないと見られるからだ。

なぜ参議院選挙に出馬するのか?

安倍首相から直接電話で出馬要請があったとされる。安倍首相は改憲派で参議院の3分の2の議席を獲得する意図があったと思われる。

前回2013年の党別得票数を見てみると、自民党は約1,800万票で18議席を獲得している。参議院の3分の2の議席を獲得するには比例区で2,000万票が必要と思われる。その差200万票の獲得を目指して青山氏に出馬要請したと思われる。

2013年参議院選挙比例区
党名 得票数 当選議席数
自民党 1,846万票 18議席
公明党 756万票 7議席
民主党 713万票 7議席
日本維新の会 635万票 6議席
みんなの党 475万票 4議席
共産党 515万票 5議席
社民党 125万票 1議席

改憲に必要な参議院3分の2の議席数は?

憲法改正の発議には参議院でも3分の2の議席が必要。現在、参議院の定員は242議席で3分の2は162議席となる。

非改選の改憲派議員数は自民66議席、公明11議席、おおさか維新5議席、日本のこころ3議席の85議席だ。

したがって今回の改選議席121議席中、改憲勢力が77議席を獲得すれば参議院の3分の2に達する。このうち、公明と維新が現状維持の9議席と3議席とすると、自民は65議席以上獲得しなければならない。

自民の改選議席は50議席(比例12議席、選挙区38議席)なので15議席の増加が必要。比例区で2,000万票獲得できれば、20議席を獲得できる。そうなると選挙区で45議席を獲得すればいい。前回の自民党の選挙区の改選議席は38議席だったので7議席の増加が必要になる。

青山氏の擁立は憲法改正を視野に入れ、比例区で2,000万票を獲得する安倍総理の戦略と思われる。

-国内政治