経済

三菱UFJは、なぜビットコインに参入するのか?

三菱UFJ(8306)が、ビットコインに参入と報道された。三菱UFJが直接ビットコインの決済サービスを行うのではなく、世界最大の仮想通貨取引所を運営する企業(米コンベース)に出資する形となる。

なぜ三菱UFJはビットコインに参入するのか?

銀行は免許事業で資金決済機能を独占していたが、ビットコインは銀行の決済機能を脅かす可能性がある。ビットコインは銀行を仲介せずに、個人や企業間で資金決済できるからだ。

さらに中国市場では中国の政府系金融機関の信用度が低いため、中国国民の間ではビットコインで資金決済する動きがある。世界で一番ビットコインが利用されているのが中国だ。中国の人口は13億人でビットコインに参入しなければ13億人の市場を取りこぼす可能性がある。

ブロックチェーン技術の習得

ビットコインはブロックチェーン技術を利用して決済している。このブロックチェーン技術は今後の資本取引に応用できる可能性があり、次世代金融取引に欠かせないとされる。

ブロックチェーン技術とは?

現在、ある情報が本物であるかどうかは、その情報を発行した企業や第三者機関が確認する。しかし、1つの企業のサーバーがハッキングされた場合、情報の正確性は保てなくなる恐れがある。

ブロックチェーン技術は、情報が本物かどうかを世界中のネットワークコンピューターで判断する仕組みで、データが勝手に複製されないシステム技術だ。

-経済