国際情勢

SM-3 ブロック2A ミサイル、中国は危機感、世界の軍事バランスが激変

ミサイル防衛(MD)

SM-3 ブロック2Aとは日米両政府がミサイル防衛(MD)の一つとして共同開発している海上配備型迎撃ミサイル

性能が飛躍的に向上したので、中国や北朝鮮が持つ弾道ミサイルを迎撃無力化できる可能性がでてきた。

2010年米国防省はSM-3の実験段階での命中率80%以上と発表している。

これにより、中国、北朝鮮の戦力は相対的に大きく低下すると考えられ、世界の軍事力バランスに変化をもたらす可能性がある。

SM-3 ブロック2Aの性能

SM-3 ブロック1Aの改良型だが、その性能は飛躍的に高くなる。まず射程2,000kmとなり、1基設置すれば、半径2,000kmの範囲を防衛できる。

つまり1基で日本全土を防衛できる。

また北朝鮮がテポドン2をロフテッド軌道(山なり軌道)で発射しても迎撃できるとされる。

SM-3 ブロック1A
高度 160km~600km
射程 500km~1,200km
SM-3 ブロック2A
高度 1,000km
射程 2,000km

スポンサーリンク




SM-3 ブロック2Aの性能試験

発射試験 2015年6月 成功

迎撃試験 2015年12月 成功

SM-3 ブロック2Aの配備計画

SM-3 ブロック2Aは艦搭載型なので、海上自衛隊の艦船に搭載配備される。

現在の計画では7隻目の最新鋭イージス艦27DDG に搭載予定である。

27DDGは基準排水量8,200トンで2020年就役予定。また続く8隻目のイージス艦28DDG(2021年就役予定)にも搭載予定。

弾道ミサイル迎撃は3段階(3フェイズ)に分かれる

1段階 ブースト 上昇段階 ミサイル発射直後
2段階 ミッドコース 中間段階 弾頭を分離した状態
3段階 ターミナル 最終段階 大気圏再突入後

このうちSM-3ブロック2Aで迎撃できるのはミッドコースフェイズ(中間段階)のみ。

SM3 ブロック2Aの射程は2,000kmなので、横須賀、舞鶴の海上自衛隊基地に1隻配備するだけで、日本全土をカバーできる。ちなみに羽田~那覇の距離は1,600km、羽田~札幌の距離は800km。

自衛隊の弾道ミサイル迎撃体制

海上自衛隊の誘導武器(ミサイル)の体系は第一段階として、艦搭載型 SM-3ミサイルで迎撃、迎撃できなかった場合は、SM-1 SM-2などで迎撃する。

第一段階 対弾道ミサイル 艦搭載型 SM-3
第二段階 対航空機、対ミサイル 艦搭載型 SM-1 SM-2 シースパロー(RIM-7M) ESSM(RIM-162)
第三段階 対航空機、対ミサイル PAC3

最終段階のPAC3射程20kmなので、防衛力が弱い。2016年現在射程を30kmまで伸ばす改良がおこなわれる予定。

また、米国製THAADミサイルの射程は200kmだ。

SM3 ブロック2Aの開発費用&期間

開発経費 日本10~12億ドル(1,300億円)

米国11~15億ドル(1,400億円)

開発期間 2006年~2014年

ノーズコーン 日本
ミサイル誘導部 アメリカ
第3段モーター 日本
上段分離部 日本
第2段モーター 日本
第2段操舵部 日本
ブースター アメリカ

SM-3 ブロック2Aの派生モデル

SM-3ブロック2B 多弾頭型弾道ミサイルに対応、射程を長くする予定。

まとめ&補足

SM-3 ブロック2A2B型が配備される2020年以降、北朝鮮、中国の中距離弾道ミサイルを迎撃できる可能性が高まった。

2010年米国防省はSM-3の実験段階での命中率は80%以上と発表している。

通常の軌道で発射された弾道ミサイルであれば、SM-3 ブロック2Aと2B型により80~90%の確率で迎撃でき、ミサイル防衛の第一段階が完成したと言える。

中国のミサイルを無力化するまでの能力はないが、中国は軍事的に劣勢に立たされることになるだろう。

アメリカは日米同盟、米豪同盟を軸に中国を南シナ海に封じ込めることに成功すると思われる。

南シナ海に封じ込まれた中国は現在、射程8,000kmと言われるSLBM(潜水艦発射型弾道ミサイル)の射程を12,000km~13,000kmまで延長するしか対抗手段がない。

-国際情勢