スマホデジタル ライフハック 節約

フリーテルで月1GB、200円運用する方法

フリーテル(Freetel)は現在「ネット基本料、最大3年間0円キャンペーン」を行っている。はたして、本当に0円なのか?

0円とはネット基本料月額299円が無料

フリーテルのデータ通信料体系は「基本料金299円(税抜)+従量制」と「定額プラン」の2つがある。今回の0円キャンペーンとは、このネット接続料分月額299円を無料にするもの。

定額プランの場合は基本料金は必要なく、月額料金から299円割り引かれる。例えば月額1GBプランの場合月額499円から299円割り引かれ200円(税抜)となる。

スポンサーリンク




月1GB利用で2年間、月額200円で運用可能

今回のキャンペーンを使った場合、最初の1年は無条件でネット基本料が0円となり月間100MB以下の利用なら0円で維持できる。また月1GB利用なら1年目、2年目も本来の499円から299円のネット基本料が割り引かれ、月額200円の支払いで利用できる。

ただし、契約料3,240円が必要なので、それも含めて計算すると2年間の支払額は3,240円(契約料)+24ヵ月×200円(税込216円)=税込8,424円となり、月額では351円(税込)となる。

注意点

今回のキャンペーンはSIM単体でも契約可能だが、その場合でも契約料3,240円(税込)が必要になる。

最大3年間となっているが、実は、music.jpに加入した場合で、加入しない場合は2年間の割引となる。契約時にmusic.jpに加入しないことも選択できる。

2年目以降は、月間データ通信量が100MB以下の場合は、ネット基本料299円は無料とならない。しかし、月間1GB利用すると本来は499円だが、299円のネット基本料が無料となり、200円で利用できる。

キャンペーン期間は?

2016年7月1日(金)~2016年9月5日(月)まで

高速通信と低速通信の切り替え可能

高速通信と低速通信(200kbps)を切り替えて通信量を節約できる。この切り替えはアプリではなく、フリーテルのマイページで設定できる。ちなみに、他社では低速通信の場合、3日間の366MB規制などがあるが、フリーテルの「使った分だけ安心プラン」の場合、使った分だけ支払う料金体系なので、規制はない。

LINEトークの通信量が無料

LINEトーク、WhatsApp、WeChatなどの通信アプリのデータ通信料が0円となる。

定額制プランもある

フリーテルには「使った分だけ安心プラン」と「定額プラン」がある。定額プランの料金体系は以下の通り。

データ量 料金(税抜き)
1GB 499円
3GB 900円
5GB 1,520円
10GB 2,470円
20GB 4,870円

定額プランのデータ通信量の変更は、、毎月25日までにマイページで申請すると、翌月1月より適用される。「使った分だけ安心プラン」から「定額プラン」へ変更手数料500円(税抜)で変更できる。

しかし、逆の「定額プラン」から「使った分だけプラン」には変更できない。

まとめ

契約料3,240円(税込)は必要だが、2年間、月間1GBのデータ通信で200円(税抜)は魅力的な価格だ。(music.jp加入の場合は3年間割引)

データ通信量を自分で管理して節約したい人は「使った分だけ安心プラン」で最小限度の料金にできる。また定額プランなら、面倒なデータ量の管理も必要なく月間1GBで200円(税抜)という格安価格で利用できる。

-スマホデジタル, ライフハック 節約