スマホデジタル

WIN10 99%で止まるときの対策、アップグレード、アップデート

Windows10へアップグレードしていると、99%のところで停止する。それ以上進まない場合がある。

これは周辺機器のデバイス・ドライバが対応していないこと、WIN7やWIN8が最新の状態でないことが原因のようだ。

しかし、どのドライバが原因かを追及をするには時間がかかりすぎる。

したがって、今のアップグレード方法をあきらめて下記の「クリーンインストール」した方が早い。

クリーンインストールするとアップグレードできる場合がある

Windows10へアップグレードは2種類あって、

1 「Win7やWin8のOSに上書き」する

2 「新規インストール(クリーンインストール)」する

99%で止まるのは1の「上書き」アップグレードの場合が多い。

クリーンインストールは、USBメモリ(3GB以上)かDVD-RWin10をダウンロードして、PCを再起動してWin10をインストールする。(2016年7月29日まで)

BIOSの起動オプションを変更

PCを再起動して、F10やF1のキーでBIOS設定画面に入り、BIOSのBOOT(起動)の順番を変更しUSBメモリ、もしくはDVDドライブから起動するように設定する。

カスタムインストールを選択する

WIN10のインストールドライブ先を選択する画面で、

「カスタムインストール」を選択し、

任意のドライブにWIN10をインストールする。

ダウンロード時間

WIN10をダウンロードしUSBメモリやDVD-Rに保存するのは10~15分程度でできる。

インストール時間

WIN10のインストール時間はPCの性能によるが、40分~90分くらいで終了する。

WIN10のサポート期限

OS メインサポート期限 サポート期限
WIN7 2015年1月13日 2020年1月14日
WIN8 2018年1月9日 2023年1月10日
WIN10 2025年

WIN7からアップグレードするメリットはあるか?

WIN7はセキュリティソフト(ファイアーウォール、アンチウィルスソフト)を自分でインストールしないといけないが、WIN10はそれらのセキュリティソフトが統合されており、セキュリティ対策の点でアップグレードするメリットは十分にある。

またWIN7が動くPCであればWIN10も同程度に動くので、アップグレードして重くなるといことはない。

ただし、WIN7の32bitからWIN10の64bitにアップグレードすると、メモリが2GBでは重く感じることがある。

2016年8月のWIN10のアップデートでWIN10 32bitの最低必要メモリは2Gとなった。

WIN10のメモリは何GB以上必要か?

-スマホデジタル