旅行

一休.com、プラチナ会員になった理由。一休プレミアサービスのメリットは?

platinum_01

一休.comからメールが来て、開くといきなり今月より「プラチナ会員」ですと書いてあった。プラチナ会員で何?どんなメリットがあるのか?

一休.comとは?

一休.comは高級ホテルに特化した宿泊予約サイトで、掲載宿泊施設数は約1600軒、会員数400万人。2015年12月ヤフーが1,000億円でTOB(公開買い付け)すると発表、2016年2月にヤフーの完全子会社となった。

プラチナ会員とは?

一休.com会員は半年ごとの利用金額に応じてサービスが受けられる。この「一休プレミアサービス」には4つの会員ステージがある。

  1. レギュラー 6か月の利用額 5万円未満
  2. ゴールド  6か月の利用額 5万円~10万円未満
  3. プラチナ  6か月の利用額 10万円~30万円未満
  4. ダイヤモンド6か月の利用額 30万円以上

今回のプラチナ会員は半年で10万円以上利用したのでなったようだ。

DSC_0005

プラチナ会員のメリットとは?

宿泊料金の2%がポイント還元される(カード事前決済は3%)。ちなみに、レギュラー会員は1%。

数字の上は2倍の還元率なのだが、10万円利用で比較するとプラチナ会員は2,000ポイント、レギュラー会員は1,000ポイントで金額的にはあまり変わらない。

ゴールド会員、プラチナ会員、ダイヤモンド会員は、特別セールがある。

ダイヤモンド会員特典とは?

半年で30万円利用すればダイヤモンド会員になり、「ダイヤモンド会員様限定特典」が受けられる。

例えば、沖縄の日航アリビラの場合

  • チェックイン、チェックアウト時に、クラブデスク専用カウンターを利用できる。
  • バレーパーキング
  • レイトチェックアウト12時まで(通常11時)

ワンハモーニー(オークラJALホテル系会員サービス)のロイヤル会員でもレイトチェックアウト12時までを受けられるが、専用チェックインカウンターは利用できない。

他のホテルでは、空室状況によっては無料でアップグレードしてくれる場合がある。

一休ANAパック、JAL便一休パックは対象外

航空券と宿泊料がいっしょになった「一休ANAパック、JAL便一休パック」は、利用金額の対象外となる。しかし、一休レストラン、一休ビジネスの利用は対象となる。

利用実績なくてもダイヤモンド会員になる裏技

ダイナースプレミアムカード(年会費13万円)加入者は、自動的に一休のダイヤモンド会員になる。一休.comのダイヤモンド会員資格を維持するには、半年で30万円、年間60万円かかるので、ダイナースプレミアムカードの年会費13万円もあるい意味考えてもいいかもしれない。

セゾンプラチナ・ビジネス・プアメリカンエキスプレス・カード(年会費2万円、200万円利用で1万円)加入者は2016年9月までに申し込めば、2017年4月まで一休.comのダイヤモンド会員資格を得られる。

また、オークラJALホテル系会員カードのワンハーモニーの場合もワンハーモニーVISAゴールドカード(年会費10,000円 web明細、マイぺいすリボ設定で税抜4,000円)を保有すれば、自動的にロイヤル会員となる。

一休.comで予約する

一休高級ホテル・旅館が最大60%OFF!

-旅行