ブログ運営

SSL対応しないと検索順位が下がる。無料でできるXサーバー。

2015年12月18日グーグルは、SSL対応ページ「https://」を優先的にインデックスに登録すると発表した。

Xサーバーでは2016年6月30日から、独自SSL無料で提供するようにようになったので導入してみた。

SSLとは

SSLとは(Secure Sockets Layer)の略でネットスケープコミュニケーションズが開発したセキュリティシステムで、「共有SSL」と「独自SSL」がある。

SSL導入の目的は大きくは2つある。

1 証明書によるサーバー認証

2 ブラウザーとサーバー間を暗号化

SSLを使用するとURLが「https://」で始まる。

サーバー認証とは?

WEBサイトの所有者情報、送信情報の暗号化のための2つの鍵「公開鍵秘密鍵」、発行証明データを有する電子証明書によりサーバーが信頼できることを認証すること(実在証明)。

暗号化とは?

ブラウザーとサーバーの間の情報を暗号化し他人が見られないようにする。この暗号化には「公開鍵秘密鍵」を使用する。

「共有SSL」と「独自SSL」

共有SSLとは、レンタルサーバー会社が取得したSSLサーバー証明書を共有するもの。SSLに関する書類提出、契約などの手続きが不要、追加費用は無料の場合が多い。しかし、独自ドメインには利用できない。

独自SSLとは利用者が独自にSSLサーバー証明書を発行してもらう。費用がかかる。独自ドメインでも利用できる。

Xサーバーの独自SSLは無料

2016年6月30日までは、Xサーバーで独自SSLを導入するには年1,000円有料サービスしかなかった。しかし、2016年6月30日以降は無料の独自SSLサービスを開始した。

従来の有料の独自SSLは、今後もオプション独自SSLとして継続する。

Xサーバーの無料の独自SSLとオプションの独自SSLの違いは、無料の独自SSLが「Let's Encrypt」のみの対応になり、それ以外の証明書を利用する場合はオプション独自SSLとなる。

Xサーバーの独自SSLの導入

Xサーバーで独自SSL(無料)を導入するのは比較的簡単だった。

1 サーバパネルにログインする。

2 ドメインの表示の下の「SSL設定」をクリックする。

3 「独自SSL設定の追加」をクリックする。

4 5~10分後「https://」のURLでHPが出てくればSSL設定は成功。

SSL導入しても鍵マークがでない場合

レンタルサーバーでSSLを設定してもブラウザーのURLのところに鍵マークがでないことがある。それは、内部リンクに「http://」が使用されているのが原因と思われる。絶対パスでリンクを張っている場合は、修正かなり大変になる。

その他注意すること

1 robots.txtでクロールをブロックした場合は、HTTPSは優先されない。

2 検索エンジンはhttp://とhttps://を別サイトと判断するので、サイト内部にhttp://にリンクしている場合はhttps://に修正しないといけない。

3 Search Consoleへもhttps://のURLを登録しないといけない。

4 WordpressのサイドマップXMLも対応しないといけない。

スマホ未対応で、どれだけ検索順位が下がったか?

SSL未対応でどれだけ検索順位が下がるかは、まだはっきりしない。そこで2015年4月からスマホ未対応のHPは検索順位が下がったので、このときの例を参考にする。

スマホ未対応のHPは、あるキーワードで1位だったが、2015年4月以降は3位となった。検索の1ページ目に表示されておる、それほど極端に順位が下がることはなかった

しかし、検索順位7~10位の場合は1ページ目から2ページ目になる可能性が高い。2ページ目になるとアクセス数は1ページ目の半分以下になる。

スマホ対応かどうか簡単に確認する方法

スマホ対応のことを、グーグルは「モバイルフレンドリー」と言う。そのグーグルでは、モバイルフレンドリーかどうかを判定するサイトを作っている。その名も「モバイルフレンドリーテスト」です。

Xサーバー



-ブログ運営