クレジットカード 飛行機マイル

プラチナカード「セゾンプラチナビジネスアメックスカード」に入ってみた

DSC_0004

プラチナカードに初めて申し込んだ。というのも、先日、一休(旅行予約サイト)のプラチナ会員になったのだが、さらに「ダイヤモンド会員」なるものがあると知った。

一休のダイヤモンド会員に0泊でなれる方法があった。それが、この「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」に入会することだった。

「ビジネス」という名前がついているが、個人事業主でない普通の会社員も申し込みできる。

年会費

初年度から20,000円税込21,600円)の年会費がかかる。しかし、年間200万円利用で翌年の年会費10,800円(税込)まで優遇される。

このカードは、利用額1,000円につき10 JALマイルが貯まる「SAISON MILE CLUB」に無料で加入できる。

JALカード(10マイルコース)と比較すると

JALアメックス(普通カード)の年会費は6,480円(税込)だが、10マイルコースにするには「JALカードショッピングマイルプレミアム」会費3,240円(税込)がかかり合計9,720円(税込)になる。

JALゴールドカードの年会費は17,280円(JALアメックスゴールドは20,520円)、またJALアメックスプラチナの年会費は33,480円(税込)なので、「アメックスビジネスプラチナカード」はプラチナカードとしては、比較的年会費は安いと言える。

スポンサーリンク




年会費無料のカードより有利

年会費無料のカードは通常還元率は0.5%で、年間200万円利用しても10,000円相当のポイントしかならない。

セゾンアメックスプラチナなら、年間200万円の利用で、JALマイルが2万マイル貯まる。1 JALマイル=1.5円と換算すると、3万円相当価値がある。年会費は200万円利用で10,800円(税込)となるので、差引約2万円のメリットがある。

ポイントやマイル以外にも空港のカードラウンジが利用できたり、ホテルやレストランで優遇されたりするので、一度はプラチナカードをもって損はない。

プラチナカードのメリット

1 一休ダイヤモンド会員になれる。ただし2017年3月31日までにエントリーする必要がある。一休ダイヤモンド会員の期間は2017年9月30日まで。

2 プライオリティパスが無料。通常は年会費399ドルかかる海外空港ラウンジパスが本人分を無料で取得できる。同伴者の利用料は2,000円。

3 国内空港カードラウンジも本人は無料で利用できる。

4 毎月、月末の金土日は全国のロフトで10%OFFとなる。

5 「SAISON MILE CLUB」に無料で加入できる。利用額1,000円につき10 JALマイルが貯まる。

6 オントレ、全国の一流ホテルで「アーリーチャックイン」などの特典がある。レストランでもプラチナ会員用の座席を予約でる。

7 コナミスポーツクラブを法人料金で利用できる。

「都度利用制」入会金不要で1回ごとの利用料のみで利用できる。(新規登録時は会員証発行に1,000円かかる)

「月会員制」月々の会費が法人会員料金で利用できる。

8 1日に数組しか利用できないオーベルジュや古城ホテルなど、世界約520ヵ所以上のホテルを、会員様限定の特典付きで利用できる。

カード到着まで

1日目 カード申し込み

2日目 審査合格メール

3日目 ネットアンサーID(web明細)がメールで到着

4日目 カードが到着

以前、セゾンのカードを申し込んだことがあるが、それに比べて早い。

一休のダイヤモンド会員

一休では半年間の利用金額によって、会員のステージを決定し、それに応じたサービスを提供している。

1 レギュラー会員   5万円未満

2 ゴールド会員    5万円~10万円未満

3 プラチナ会員    10万円~30万円未満

4 ダイヤモンド会員  30万円以上

プラチナ会員は、還元率が1%程度高い程度だが、ダイヤモンド会員はホテルのセールを1日早く予約できる。また、ホテルによっては、客室の無料アップグレードレイトチェックアウト専用チェックインカウンターウエルカムドリンクなどのサービスを受けられる。

一休ダイヤモンド会員の登録は「ネットアンサー」の「お知らせ」をクリックすると「一休ダイヤモンド会員」の申し込みができ、即時にダイヤモンド会員になる。

まとめ

年会費は20,000円(税込21,600円)と高額だが、年間200万円利用で翌年の年会費は10,800円(税込)になる。

200万円利用で2万マイル貯まる。1マイル=1.5円で計算すると30,000円相当になる。年会費10,000円を引いても20,000円相当のマイルが貯まる。

年会費無料のカードで0.5%還元率の場合、200万円利用しても10,000円相当のポイントしかならない。

さらに海外空港のラウンジが使えるプライオリティパスが無料で取得できる。

同じプライオリティパスが無料となるJALアメックスプラチナの年会費は33,480円(税込)なので、セゾンアメックスビジネスプラチナの方が安い。

PR



関連リンク
クレジットカード20枚作って分かった最初に作るべきカード

-クレジットカード, 飛行機マイル