経済

NHK1,700億円で放送局(放送センター)建て替え

2016年8月30日、NHKは東京都渋谷区神南のNHK放送センター1,700億円で建替えると公表した。

新放送センターは「情報棟」(ニュースセンター)、「製作事務棟」(スタジオ)、「公開棟」(公開スタジオ)の3棟から構成される。

3棟の延べ床面積は26万平米で、現在の23万平米よりも3万平米拡大する。着工は2020年秋の予定で2025年に運用開始、全体の完成は2036年になる。

1,700億円は建物だけ

1,700億円は合計26万平米の3棟の建物だけで、放送機材は含まれていない。

NHKは当初、在京民放の新社屋建設コストを参考に3,400億円と見積もっていた。今回、公表した1,700億円は、放送機材を含まない建物だけの値段だ。

床面積1平米当たりの建設コストは約65万円となる。

 

NHKおよび民放各社の新社屋建設費

延床面積 高さ 竣工年 費用
NHK 26万平米 1,700億円
日本テレビ 13万平米 196m 2003年 1,100億円
テレビ朝日 7万4000平米 8階 2003年 500億円
フジテレビ 14万平米 123m 1996年
TBS 11万平米 95m 1994年 800億円

 

NHK受信料収入は?

NHKが2016年5月10日に公表した平成27年度の受信料収入は過去最高の6,625億円となった。

黒字分のうち278億円を放送センター建て替えのために積み立てた。この積立金は平成27年度末で1,627億円になってる。

 

イギリスBBCの場合

イギリスBBCの受信料である「テレビ・ライセンス料」は年間145.5ポント(約1万9000円)になている。総額では毎年35億ポンド(4,700億円)の収入になる。ちなみに75歳以上の高齢者の受信料「テレビ・ライセンス料」は全額免除になっている。

-経済