旅行 沖縄

沖縄モノレール、新車両導入するも、運転が荒くなった?【ゆいレール】

DSC_0210

沖縄モノレール(ゆいレール)は2016年4月に、日立製の新車両を導入した。1編成あたり6億円で2017年度までに合計4編成を導入する予定。

近年、外国人観光客の利用が増加しており、また、2019年春延伸されることが理由のようだ。

新車両

DSC_0214

ドアの周辺に座席を配置しない空間を設け、乗り降りしやすくなった。座席を片側12人掛けから10人掛けにした結果、座席数が若干減少した。

ゆいレールとは?

正式名称は「沖縄都市モノレール」で「ゆいレール」は愛称で、2003年8月に開業した。

営業区間は、那覇空港駅から首里駅までの12.9km、全15駅。

運転間隔は、日中は10分に1本、朝夕のラッシュ時は6~8分に1本で、すべて2両編成の各駅停車で運転している。

2014年10月に、ICカード(オキカカード)を導入した。本土のSuicaやICOCAは利用できない。

2019年春に首里駅から東に4駅約4km延伸する予定。

車内で転倒

10年近く毎年のように沖縄モノレールに乗ってきた。しかし、今年の夏、初めて、転倒しそうになった。

実際は転倒したのだが、別の利用者に支えられてかろうじて床に転倒するのを免れた。

モノレールの乗り降りが混雑していて、車両に乗り込んで数秒で車両が発車、つり革を持つ時間もなかった。

なぜ、急加速、急減速するようになったのか?

今までと違って、外国人観光客が多くなって、乗り降りに時間がかるようになったためだと思われる。

そこで、沖縄モノレールのドアの開閉時間を実測したこところ15秒~20秒だった。例えば、1駅の乗り降りで5秒余計に時間がかかったなら、全15駅で75秒も遅くなる。

その5秒の遅れを取り戻すために急加速急減速して回復運転をしている可能性がある。

利用者増加

2015年度の沖縄都市モノレール利用者は年間1,615万人で、1日平均約4万4000人となった。前年比+7%の増加で、外国人観光客の増加によるものと考えられる。

まとめ

沖縄モノレールでは独自のICカード(オキカカード)を導入しているが、本土のSuicaやICOCAが使えないのは不便。

しかも、切符は、本土の磁気式ではなく、QRコードを改札機に読み取られる形だが、読み取りが悪く、改札で混雑するようになっている。

2016年5月から合計6駅のエレベーター、エスカレーターが使用不能になっていて、すべて復旧するのは2016年12末の予定。

-旅行, 沖縄