スマホデジタル 経済

アップルペイ(Apple Pay)iPhone7に日本独自規格で搭載2016年10月にサービス開始

アップルペイ(Apple Pay)とは?

アップルペイ(Apple Pay)とはiPhoneを利用した決済サービスで、すでに米国では2014年からサービスが始まっている。日本では2016年10月末からサービスが開始される予定だ。

アメリカでは「NFC Type A/Type B」を採用しているが、日本では「NFC Type F(Felica)」対応チップをiPhone7に初めて搭載することで「アップルペイ」が利用できるようになった。

アップルが、一部の国だけに対応するのは、おそらく初めてで、日本市場を重視している証拠と言える。

「NFC Type F(Felica)」はソニーが開発した規格で、スイカなどに採用されており、特徴は0.1秒で決済できる高速性だ。

どこでで使えるか?

・クレジットカードが利用できる店舗であれば「アップルペイ」を利用できる。

・鉄道系ICカードスイカ(Suica)に対応しており、JR東日本及び、Suicaが利用できる全国の鉄道やバスなどで利用できる。

・Suicaが利用できるコンビニでも買い物ができる。

・今後オンランショップでも利用できる予定。

対象機種は?

新型iPhone7にはFelica(NFC Type F)が搭載され、日本でもアップルペイが利用できるようになった。iPhone6単体では、アップルペイは利用できない。

ただし、iPhone5以降のスマホをApple Watch2とペアリングすれば、アップルペイを利用できる。

SUICA

アップルはアップルペイの日本導入にあたって、シェア拡大のため当初からJR東にポンのスイカに対応することを念頭に開発をしてきたと思われる。

まず、日本は電車利用者が多く、改札で電子マネーの読み取りに時間がかかれば、大混雑になる。

そこで、JR東日本は決済スピード0.1秒という高速のフェリカ対応は絶対に譲れない条件だった。

アップルも世界的にシェアが落ちているが、日本では約50%と比較的シェアが高い。そのため、日本でiPhoneのシェアを落とすわけにはいかなかった。日本独自仕様のフェリカに対応したのはそういう理由があったと思われる。

スイカには、「スイカカード(無記名式)」、「MYスイカ(記名式)」、「スイカ定期券」などがある。しかし、現在のところ「スイカカード(無記名式)」にはクレジットカードからチャージできない。

アップルペイに登録した「スイカカード(無記名式)」にアップルペイに登録したクレジットカードでチャージできるかどうかは、はっきりしない。

電源を切っていても改札を通過できる

Felicaは、0.1秒で読取できる。店舗や改札機読取機から電源供給するので、携帯スマホの電源を切っていても利用できる。ただし、最低限のバッテリー残量は必要だ。

海外で普及している「NFC Type A/Type B」は、携帯スマホの電源がなくなると使用できない。読取時間もFelicaよりも遅い。

今回、iPhone7はFelicaに対応したことで、従来のSuicaと同じ速度で改札を通過できると考えられる。

オンライン決済

今後、マック(PC)、iPad(タブレット)でもiPhoneの指紋認証を使ってオンラインストアで利用可能になると思われる。

クレジットカードをiPhoneに登録するのが簡単

iPhoneの内蔵カメラでクレジットカードを撮影して、セキュリティコードを入力するだけで利用できる。

このクレジットカードの画像や情報は「アプリ」に登録・管理される。「アプリ」には複数のカードを登録でき、どのクレジットカードを利用するか選択できる。

おサイフケータイ」の場合は、カード会社からの情報をケータイ・スマホアプリに登録する必要があった。

しかし、アップルペイは既存のクレジットカードを撮影することで登録できるというメリットがある。

セキュリティが高い

アップルペイは利用時(決済時)に指紋認証を利用するため、セキュリティが高い。

さらに、店舗の端末とiPhoneとの交信はクレジットカード番号を利用せず、「Device Account Number」という特別な番号(トークン)を利用するので、店舗側もクレジットカード番号がわからない。

海外版iPhone7でも日本で使えるか?

結論から言うと、海外版iPhone7は、そのままでは、日本ではアップルペイは利用ふぇきない。海外版を個人輸入する場合は注意が必要だ。

日本で販売されるiPhone7だけが「NFC Type F(Felica)」を利用できるからだ。

一部未確認情報では、グローバルモデルも「NFC Type A/Type B」と「NFC Type F(Felica)」の両方が搭載されていて、内部のリージョンコードを変更すれば、海外版iPhone7でも日本でアップルペイが利用できるという情報がある。

しかし、この内部のリージョンコードを変更できるかどうかについても、現時点でははっきりしていない。

注意

この記事の内容はアメリカの利用状況などから、予想したもので確定したものではありません。詳しくは、今後の公式発表を参考にしてください。

関連リンク

アップルペイ、 SuicaとQuicPayが先行、変わるか電子マネー業界

-スマホデジタル, 経済