スマホデジタル ライフハック 節約

自宅で証明写真をプリントする簡単な方法、印刷方法

証明写真

運転免許証やパスポート用の写真を自宅で撮影しても、位置やサイズを合わせてプリント(印刷)するのは難しい。

それを簡単にできるアプリが、キヤノンの「スマホで証明写真」だ。

しかも、無料版もあり、運転免許所、パスポート写真、履歴書写真サイズまで対応している。操作も直感的で使いやすい。

ただし、「スマホで証明写真」は、写真サイズに画像を合わせるだけアプリなので、印刷するには、別のプリントアプリをインストールして無線LAN経由でプリンターに印刷するか、パソコンに画像を送ってパソコン経由で印刷する必要がある。

sh1
このアプリは無料版と100円の有料版がある。無料版の方はスマホ画面に広告がでるが、印刷した写真には広告は入らないので、無料版でもよい。

 証明写真のサイズ

証明書の種類 サイズ
運転免許証 3.0cm×2.4cm
パスポート 4.5cm×3.5cm
履歴書・エントリーシート 4.0cm×3.0cm

「スマホで証明写真」の使い方

1 「スマホで証明写真」を立ち上げ、「証明写真を新規作成」をタップする。

sh1

2 写真サイズを選択する。運転免許証(3.0cm×2.4cm)、パスポート(4.5cm×3.5cm)以外にも任意のサイズを選択できる。

3 「顔写真をスマホで撮影する方法」と、「外部のカメラで撮影した画像」を使用する方法がある。

screenshot_2016-10-02-08-35-04

スマホで撮影する場合は、顔の輪郭が点線で表示されるので、そこに合うように撮影する。

4 位置とサイズ合わせは、上下2か所に赤い点「が表示されるので、そこに頭の頂点と、顎の位置がくるようにする。

screenshot_2016-10-02-08-36-22

5 印刷は、キヤノンのプリンターならばスマホアプリ「Canon PRINT Inkjet」をつかって無線LAN(Wi-Fi)で印刷できる。

キヤノンのプリンター以外の場合は、一旦パソコンに画像をメールで送ったり、グーグルドライブに保存してから、パソコン経由でプリンターから印刷する。または、USBやSDカードなどに保存して、コンビニのプリンターで印刷することもできる。

印刷イメージ(画像 pakutaso.com)

otherprinterimage_20161003_110232

L版に4段階の明るさで一度に複数枚印刷できる。免許証サイズなら最大8枚印刷可能。

感想

ここ1~2年の新しいプリンターは、証明写真を印刷するソフトが付属している機種もある。しかし2~3年前のプリンターの場合、証明写真のサイズぴったりに印刷するソフトがない。

この「スマホで証明写真」アプリは、直感的に操作できる。アプリをインストールして撮影、プリントまで10~20分程度でできる。

-スマホデジタル, ライフハック 節約