クレジットカード 旅行 飛行機マイル

プライオリティパス到着、海外空港ラウンジ無料パスのメリット

海外空港ラウンジ無料

dsc_0042

プライオリティパスは海外の空港ラウンジを無料で利用できるカード。

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード」を申し込んだので、通常年会費399ドルの「プライオリティパス」が無料でもらえる。このプライオリティパスは3種類あるが、プレステージ会員になれる。

会員 年会費 本人利用料 同伴者利用料
スタンダード会員 US$99 US$27 US$27
スタンダード・プラス会員 US$249 10回まで無料、その後1回US$27 US$27
プレステージ会員 US$399 無料 US$27

プライオリティパスの有効期限は1年間だが、セゾンプラチナカードを継続しているかぎり自動更新される。

プライオリティパスの申し込み方法

Webからは申し込みできず、セゾンプラチナアメックスのカードデスクに電話しなければならない。

ちょっと面倒だなと思ったが、実際に電話してみると「カード番号、住所、氏名、生年月日」などを言うだけで非常に簡単だった。

普通、クレジットカードのデスクに電話しても10分~20分もつながらないことが多い。しかし、プラチナデスクの場合、すぐに電話が通じた。申し込んでから1週間後に普通郵便でプライオリティパスが送られていた。

海外空港ラウンジを本人は無料、同伴者は2,000円で利用できる。世界950ヵ所のファーストクラスラウンジやビジネスクラスラウンジが利用できる。

「プライオリティパス」の公式HPでは同伴者US$27と書いているのだが、同封された案内書には同伴者の料金は2,000円と記載されていたし、電話で申し込んだ時も同伴者2,000円と案内された。

ちなみに2016年からプライオリティパスのカードフェイスのデザインが変更になった。

利用できる空港ラウンジ

成田空港ターミミナル1 成田空港ターミミナル2
T.E.I.Lounge T.E.I.Lounge
IASS Exective Lounge IASS Exective Lounge
KAL Business Class Lounge

成田空港では5か所のラウンジが利用できる。T.E.I LoungeとIASS Exective Loungeは他のゴールドカードでも利用できるので、プライオリティパスでないと利用できないのは「KAL Business Class Lounge」だけということになる。

また、羽田空港の国際線カードラウンジは利用できない。しかし、MUFGゴールドカードは年会費1,905円+税(優遇1,028円税込)で羽田空港国際線ラウンジを利用できるので、他のゴールドカードと組み合わせて使うといい。

プライオリティパスが無料でついてくるカード

年会費US$399(約4万円)のプライオリティパスが無料で取得できるカードがある。カード自体の年会費は1万円~2万円だが、約4万円のプライオリティパスの年会費が無料になるので、ある意味お得感がある。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード
20,000円(税込21,600円) 年会費優遇年間200万円利用で10,800円(税込)
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカード
20,000円(税込21,600円) 年会費優遇18,600円(税込)
エポスプラチナカード
20,000円(税込)年会費優遇年間100万円で25,000ポイント付与(通常ポイント5,000P、ボーナスポイント20,000P)
楽天プレミアムカード
年会費10,000円(税込10,800円)

関連リンク

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードのメリット

-クレジットカード, 旅行, 飛行機マイル