クレジットカード

楽天ゴールドカード、年会費2,160円で空港カードラウンジが使える

2016年9月楽天ゴールドカード誕生

楽天ゴールドカードの追加で、楽天カードは、「楽天カード」「楽天ゴールドカード」「楽天プレミアムカード」の3種類となった。

年会費2,160円(税込)で空港のカードラウンジが無料で利用でき、楽天市場での利用でポイントが5倍(楽天カードは4倍)などのメリットがある。

楽天カード 楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード
年会費 無料 2,160円(税込) 10,800円(税込)
楽天市場利用ポイント 4% 5% 5%
国内空港ラウンジ  × 27空港 28空港
海外空港ラウンジ  × × プライオリティパスが無料
海外旅行保険傷害疾病 利用付帯200万円 利用付帯200万円 自動付帯300万円

スポンサーリンク



楽天市場年間21万6000円以上ならメリットあり

「楽天ゴールカード」と「楽天カード」の違いは楽天市場のポイントが楽天ゴールドカードでは5%、楽天カードは4%と1%の違いがある。

楽天市場で年間21万6000円以上利用すれば、年会費2,160円(税込)を払ってもポイントが多く付与されるのでメリットがある。

20歳以上から作れる

一般にゴールドカードは30歳以上の場合が多いが、楽天ゴールドカードは20歳以上から申し込める。

家族カードの年会費が540円(税込)

楽天ゴールドカードの家族カードの年会費は540円(税込)でゴールドカードとしては安い。

利用できる空港ラウンジが多い

空港ラウンジ 楽天ゴールドカード エポスゴールドカード
新千歳
函館
青森 ×
秋田 ×
仙台
新潟 ×
富山 ×
小松
成田
羽田
中部
関西
伊丹
神戸
岡山 ×
広島
米子 ×
山口宇部 ×
高松 ×
松山
徳島 ×
福岡
北九州
熊本 ×
大分
長崎
鹿児島
那覇
ホノルル空港
ホノルルラウンジ ×
仁川空港

まとめ

楽天ゴールドカードは楽天市場のポイントが5倍だが、楽天カードでも4倍なので年間21万6000円以上利用しないとメリットがない。しかし、年会費が2,160円(税込)と安いのであまりポイントを比較しても意味がないかもしれない。

楽天ゴールドカードは空港カードラウンジが利用できる。エポスゴールドカードも空港カードラウンジを利用でき、条件達成すれば永年無料となるので、エポスゴールドカードの方が有利だ。しかし、楽天ゴールドカードの方が利用できる空港ラウンジ数が多い。

エポスゴールドカードには家族カードがないが、楽天ゴールドカードは家族カード(540円税込)があるので楽天ゴールドにもメリットがある。


-クレジットカード