クレジットカード ライフハック 節約 飛行機マイル

ANA尾翼型キーホルダー、QUICPAY+nanaco+ANA Skip

ANA尾翼型キーホルダーの機能

p1020147

1.QUICPAY(電子マネー)

2.nanaco(セブンイレブン電子マネー)

3.ANA Skip(飛行機搭乗)

これら3つの機能を1つにまとめたものが、ANA尾翼型キーホルダーだ。

ポイント、マイルを3重取りできる

JCBカードから尾翼キーホルダーのnanacoにチャージしてもJCBのOki Dokiポイントは貯まらない。しかし、セブンイレブンで利用するとOki Dokiポイント、nanacoポイント、ANAマイルの3重取りができる。

5マイルコースの場合

セブンイレブンでQUICPAYで1,000円利用すると

1.ANAカードマイルプラス対象店舗なので、5 ANAマイル(200円で1 ANAマイル)が直接貯まる。

2.JCBカードから引き落としになるのでJCBのポイント Oki Dokiポイントが1,000円で1ポイント貯まる。これは5 ANAマイルに交換できる。

3.電子マネーのnanacoは使わないのだが、nanacoポイントが1,000円利用で5ポイト貯まる。5 nanacoポイントは、2.5 ANAマイルに交換できる。

1+2+3を合計すると1,000円利用で12.5 ANAマイルが貯まることになる。

10マイルコースなら、17.5 ANAマイル

1.ANAカードマイルプラス対象店舗なので、5 ANAマイル(200円で1 ANAマイル)が直接貯まる。

2.JCBカードから引き落としになるのでJCBのポイント Oki Dokiポイントが1,000円で1ポイント貯まる。これは10 ANAマイルに交換できる。

3.電子マネーのnanacoは使わないのだが、nanacoポイントが1,000円利用で5ポイト貯まる。5 nanacoポイントは、2.5 ANAマイルに交換できる。

1+2+3を合計すると1,000円利用で17.5 ANAマイルが貯まることになる。

スポンサーリンク


nanacoポイントとは?

nanacoポイントは1ポイント=1円でnanacoにチャージできて、買い物などに利用できる。500 nanacoポイント以上でANAマイルに交換できる。

このnanacoポイントはセンター預かりとなり、セブンイレブンのATMでnanaco残高照会、nanacoにチャージした場合にポイントとして使えるようになる。

ANA尾翼型キーホルダーの発行手数料

ANA尾翼型キーホルダーの発行手数料は324円(税込)となる。しかし、キャペーンで167 Oki Dokiポイントが付与された。このポイントはボーナスポイントなので1 Oki Dokiポイント=3 ANAマイルに交換できる。

つまり、167 Oki Dokiポイント=500 ANAマイルとなる。ただし、このボーナスポイントはANAマイルに交換するのは500 Oki Dokiボーナスポイントからとなる。

200 Oki Dokiポイント(ボーナス)は1ポイント=5円、つまり1,000円としてスターバックスカードにチャージできる。

また200 Oki Dokiポイント(ボーナス)未満の場合はOki Dokiポイント1ポイント=3.5円としてスタバカードにポイント移行できる。200ポイントに不足分する分はJCBカード払いでMyJCBクーポンを購入することで、スタバカードへ1,000円以上の希望金額をチャージすることができる。

スタバカードの残高に反映されるのは約3日後となる。

 

sbc

scj1

5%キャッシュバック キャンペーン

QUICPay入会半年はQUICPayの利用代金の5%がキャッシュバックされる。ただしキャッシュバック金額の上限は1,000円となる。つまり、2万円利用で1,000円キャッシュバックされ、それが上限となる。

まとめ

QUICPayカード、QUICPayモバイルは重複して持てる。カード発行はANA JCBカードのみ。

ANA尾翼型キーホルダーは超便利だった。休日に散歩やウォーキングするとき、キーホルダー型QUICPayと鍵を持って外出すればいい。コンビニやスーパーなどでQUICPay、nanacoとして利用できる。

nanacoへのオートチャージは対応していないが、QUICPayはポストペイ、つまり、後払いなのでチャージする必要がない。チャージし忘れて使えないということがない。

EDY、WAON、Suica、鉄道ICカードと複数のカードを持っていると残高管理ができない。どきどき、1,000円くらい残高が残っている電子マネーがあったりする。その点、QUICPayのポストペイ(後払い)はそういうことがない。

セブンイレブンでnanacoで使えば、1%のポイントが貯まるだけだが、ANA尾翼QUICPayで使うとANAマイル、Oki Dokiポイント、nanacoポイント(0.5%)の3重取りができる。

関連リンク

ソラチカカードの年間費を実質無料と考える方法

-クレジットカード, ライフハック 節約, 飛行機マイル