ショッピング ライフハック 節約 旅行 飛行機マイル

飛行機、搭乗券を入れるケース、便利グッズ、あったらいいもの

搭乗券を間違うと大変

2016年9月に福岡空港で、親子2名が搭乗する際、2人とも親の搭乗券で保安検査場を通過してしまった。保安検査場では、親が2度通過したものと判断しそのまま通過させた。

航空会社では、親のみ保安検査場を通過したとみなして、子の航空券をキャンセル扱いし、キャンセル待ちの別の乗客を搭乗させた。結果的に、定員超過となって、空港施設に引き戻すという大きな事件になった。

この事件の原因は、搭乗券(QRコード)をスマホ画面に表示させて検査場の読み取り機にかざして通過する時に、子が間違って親のQRコードを表示させたのが原因だった。

搭乗券

搭乗券としては使えるものは

・航空会社のマイレージカード

・紙の搭乗券

・携帯スマホでQRコードを表示

・QRコードを自分で印刷

がある。

「航空会社のマイレージカード」や「航空会社で発行した紙の搭乗券」であれば2重に通過することはない。

搭乗券を忘れないために

搭乗券って財布に入れることが多い。しかし、バッグの中に財布と一緒にいれると、取り出すのが面倒だし、保安検査業や搭乗ゲートで、バックの中を探して取り出すと時間がかる。

こんな感じのトラベルポーチは、ストラップがあって落としたり、忘れたりすることもない。また、機内販売で注文しようと思っても、財布を上の荷物入れのバッグの中に入れていると出すのが面倒になって、買い物を諦めてしまうこともある。

そういう時には、トラベルポーチをシートポケットに入れておけばスムーズに支払いができる。しかも、4インチ程度のスマホであれば収納できるのでスマホや搭乗券をひとまとめにできる。

海外旅行では

海外旅行の場合はパスポート、航空券、入国カードなど書類やカードが多くなる。そういうときは、大きめのトラベルウォレットが便利だ。


男性に人気のTUMIのトラベルウォレット[ ALPHA SLG 19277 ] 素材はTUMI定番のFXTバリスティックナイロンで耐久性がある。サイズは高さ10.25cm × 幅20cm × 奥行3.5cm。

-ショッピング, ライフハック 節約, 旅行, 飛行機マイル