国際情勢

中国空軍、宮古島編隊飛行、Su-30とF-15Jで空中格闘戦か?

2016年12月10日、中国軍はSu-30戦闘機2機、H-6爆撃機2機、情報収集機2機の合計6機で宮古島海峡を編隊飛行で通過した。

これに対して、自衛隊は、航空自衛隊那覇基地からF-15J戦闘機2機をスクランブル発進させた。最終的にF-15J戦闘機が10機スクランブル発進するという非常事態になった。

中国は、「自衛隊が妨害弾を発射した」と発表した。このことから、自衛隊のF-15Jがフレアーを発射した可能性がある。

フレアーは敵機からレーダーロックオンされた場合に、敵ミサイルを回避するために使う「めくらまし」のようなものだ。つまり、自衛隊機が中国軍機からレーダーロックオンされた可能性が高い。

実際2016年6月にも沖縄周辺海域で自衛隊機は中国軍機からレーダーロックオンされ、「チャフやフレアー」を使用したとされる。

自衛隊那覇基地第9航空団

2016年12月撮影 那覇基地

2016年1月、自衛隊那覇基地に第9航空団が新編された。従来の204飛行隊に築地基地(福岡)の304飛行隊が加わり、2個飛行隊、F-15J戦闘機40機、隊員1,500人体制となった。

この304飛行隊の部隊マークは「天狗」で、九州の英彦山に伝わる天狗伝説をモチーフとしてデザインされた。

宮古島海峡で空中戦か?

自衛隊のF-15J戦闘機2機がスクランブル発進し、中国の6機編隊飛行に対応したが、中国軍Su-30からレーダーロックオンされフレアーを発射して回避したと考えられる。

最終的に那覇基地からF-15J戦闘機10機がスクランブル発進したようだ。

Su-30とF-15Jの飛行性能はほぼ互角だ。自衛隊機がスクランブル発進した場合は安全性に配慮して、ゆっくり敵機に近づく。しかし、中国軍機はいきなりレーダーロックオンしてくるので、自衛隊機はフレアーを発射して回避するしかない。

宮古島海峡上空で2機の中国Su-30を含む6機編隊に対して、自衛隊機は累計10機で対応したと考えられるが、那覇基地へ帰投する機と那覇基地から現場にスクランブル発進してくる機もあるので、現場では4~6機の自衛隊機が対応したと考えられる。

Su-30の航続距離は3,000kmだが、アフターバーナーを使うような空中格闘戦を10分も行うとかなりの燃料を消費し、航続距離が2,000km程度になる。

今回、中国6機編隊のうちSu-30だけが、宮古島海峡から直接中国大陸に帰投したことから、宮古島海峡でアフターバーナーを使うような事態が発生していた可能性がある。

自衛隊機のフレアー発射、Su-30がアフターバーナーを使用したと考えられることから、自衛隊F-15Jと中国Su-30の間で空中格闘戦があった可能性がある。

その結果、Su-30は燃料が足りなくなり、H-6爆撃機の護衛任務を放棄し、中国大陸に最短距離で逃げ帰ったと予想される。

今後の展開

中国軍はSu-30戦闘機2機が自衛隊機F-15J戦闘機10機に空中格闘戦で負けたので、今後、Su-30戦闘機20~30機程度で、宮古島海峡を編隊飛行する可能性がある。

ちなみに、中国はSu-30MKK戦闘機を73機保有している。

那覇空港のF-15Jは40機だが、スクランブル発進できるのは2機~4機なので、自衛隊機が撃墜される可能性がある。

今回の事件はかなり深刻な事態と言える。

-国際情勢