国内政治

辺野古200人座り込み報道、朝日新聞は「主婦の渡嘉敷喜代子さん(76)」と報道

最高裁判所で「翁長沖縄県知事の埋め立て承認取り消し」が違法とされ、辺野古基地工事が再開される見込みとなった。

そのため辺野古基地反対派が辺野古基地ゲートで座り込みをした。

朝日新聞(2016年12月26日付デジタル版)は下記のように報道した。

主婦の渡嘉敷喜代子さん(76)は、普天間飛行場がある宜野湾市から参加した。

まず、この記事を読んで違和感を感じた。というのは、宜野湾から辺野古へ行くには車で2~3時間かかる。普通の主婦が、しかも76歳の女性が、はたしてそこまでするだろうか?

で、「渡嘉敷喜代子」で検索すると、同姓同名同年齢の人物が見つかった。

検索で見つかった「渡嘉敷喜代子さん」は、2012年の沖縄県県議会選宜野湾市区から立候補し落選している。しかも、2008年現在、渡嘉敷喜代子さんは、沖縄県議会議員(社民党県連)だった。

朝日新聞の記事の「渡嘉敷喜代子」さんが、元県議会議員の「渡嘉敷喜代子」さんかどうかはわからない。

しかし、「主婦」という肩書は「政治活動していない普通の一般市民がやむにやまれず」反対しているような印象を読者に与える。一方、元県議会議員であれば、政治活動の一環として反対しているように思える。

「主婦」と「元県議会議員」という肩書ではそれだけ読者に与える印象が違うと思う。

 

朝日新聞(2016年12月26日付デジタル版)から引用

普天間飛行場がある宜野湾市から参加した

こう書かれると、読者は、「宜野湾市で普天間飛行場の騒音などの被害を受けているのだろう」と想像する。
しかし、実際に宜野湾市に行ってみると

ムーンオーシャン宜野湾ホテルのようなホテルやコンベンションセンターがある。

ムーンオーシャン宜野湾ホテルのレストランで食事したが、普天間飛行場の騒音もなく、平和でのんびりした雰囲気だった。

-国内政治