国際情勢

客家は本気で日本に戦争を仕掛けている。第二次世界大戦の再現を狙う。

客家(ハッカ)は中国漢民族の一支流で、人口は現在世界各地に移住した者も含め5000万人とも1億人とも言われる。

客家(ハッカ)の各国政治家

孫文、宋慶齢(孫文の妻)、宋美齢(蒋介石の妻)、鄧小平、リー・クアンユー(シンガポール建国の父)、リー・シェンロン(シンガポール首相)、李登輝(元台湾総統)、祭英文(台湾総統)、タクシン(元タイ首相)、インラック(前タイ首相)、アホック(インドネシア特別州知事)、アキノ(前フィリピン大統領)

元々、客家は中国の東北部に住んでいたが、秦時代から中国の内乱などにより、南下し、現在では福建省、広東省、そして海外の多く居住している。

李登輝氏(元台湾総統)も客家であり、必ずしも反日一色ではないが、客家の世界ネットワークは巨大な反日工作スパイ機関として国家並みの影響力を持っている。

客家の特徴・歴史

中国国内でも独特の言語を持ち、中国国内でも移住者として、地元の中国人との軋轢を起こすことが多かった。世界遺産の「福建土楼」のように、外部からの襲撃を避けるため、集団生活していた。

中国のユダヤ人とも言われている。インドネシア、台湾、タイ、フィリピン、アメリカに多く住んでいる。世界中の華僑の3分の1は客家と言われる。

客家は移住者であるため、土地所有を禁止されたり、政治活動を制限されてきた。そのため、商売に特化し、財を蓄えた者も多い。そして、移住した国では少数派であるために、独自のネットワークを作って裏で政治を動かすことが多い。

インドネシアでは反中国、反華僑のデモが頻発している。これはインドネシアだけのことではない。客家は移住した国で地元民から反発されることが多い。

そのため、その反発を日本に向けされるために、慰安婦、南京事件などの反日工作を世界規模でしている。

中国の赤い舌 九段線

中国は南シナ海全域を中国の主権、権限が及ぶとし、その境界を九段線としている。一見、荒唐無稽に思える主張だ。

しかし、沿岸国、フィリピン、インドネシア、シンガポール、マレーシア、タイを見てみると客家が経済的、政治的に一定の力を持っていることがわかる。

習近平主席はこの客家ネットワークを駆使して、「九段線」を二国間交渉で認めさせる可能性がある。

インドネシアの客家

インドネシア華僑の大富豪、ジュハル・スタント氏、故スドノ・サリム氏などは客家(ハッカ)出身と言われインドネシア経済を握っている。

習近平主席は長年、客家(ハッカ)が多く住む福建省でキャリアを積んできた。インドネシアの客家は福建省に膨大な投資を行っており、この時期に福建省にいた習近平氏はインドネシアの客家経由で世界中の客家ネットワークとつながった。

その中には、第二次世界大戦から反日工作をしていた旧中国国民党(台湾国民党)系の巨大な工作機関と接点ができた。これを積極的に利用したのが、江沢民政権で、その窓口となったのが、当時福建省にいた習近平氏だった。

現在のインドネシアの大統領ジョコ・ウィドド氏はインドネシア人だが、ジャカルタ州知事時代から客家のアホック氏(本名バスキ・プルマナ)を通じ、インドネシアの客家財閥の支援を受けていると考えられる。

宋美齢(蒋介石の妻)の反日工作

フライングタイガース(アメリカ合衆国義勇軍)を作ったのは蒋介石の妻・宋美齢(客家)だった。

宋美齢は19世紀後半から20世紀初頭にかけ繁栄した浙江財閥の一員、チャーリー宗の娘で、孫文の妻、宋慶齢の妹。

浙江財閥は、当時の中華民国国民党と癒着し、巨万の富を得、宋美齢も贅沢三昧の生活をしていた。一方で、中国の庶民は貧しい生活を余儀なくされた。

宋美齢は、10歳でアメリカに留学しており、英語を流暢にしゃべる。しかも、クリスチャンだった。日中戦争で苦戦していた中華民国(蒋介石政権)はアメリカの支援を必要とした。そのため、宋美齢はアメリカで、流暢な英語とクリスチャンであることを武器にありもしない日本の悪事を作り、アメリカ人を反日へと誘導していった。

そして、アメリカは、フライングタイガース(アメリカ合衆国義勇軍)を中国に派遣した。義勇軍というが、100機の戦闘機という大部隊で、事実上のアメリカの対日参戦と言える規模だった。

宋美齢は上流階級出身の上品なふるまい、流暢な英語、クリスチャンという武器で、ありもしない日本の悪事をアメリカ人に吹き込み、アメリカを対日戦争に引き込んだ。

中国国民党が台湾に逃れても、中華人民共和国からの攻撃に備えるためアメリカに工作機関を温存した。この工作機関が、現在の慰安婦、南京事件の反日活動の拠点となっている。

慰安婦問題は1980年代に朝日新聞が報道したことにより、始まったとされる。しかし、客家は100年前から、ありもしない日本の悪事をアメリカや全世界に吹聴して、自分たちの利益を守るということをしていた。いわば、反日工作は客家の100年来の伝統芸なのだ。

これに対して、日本政府の対抗措置は無力だった。宋美齢の嘘情報で、アメリカは対日参戦し、第二次世界大戦で300万人もの日本人が死亡した。

その宋美齢の息のかかった工作機関が、江沢民時代に中華人民共和国と結びつき、本気で慰安婦、南京事件の反日工作をしているのだ。

中国、ロシア、アメリカの三国協調体制?

習近平とプーチンは、アメリカ大統領選挙でトランプ氏を支持したとされる。トランプ次期政権はロシア人脈を持ち、アメリカとロシアが協調関係を構築するのは確実とみられる。

トランプと習近平は、一見対立しているように見える。しかし、これも、ビジネスの基本で、最初に高い要求をして徐々に要求を下げるような行動の可能性がある。

そうなると孤立するのは日本だ。これは第二次世界大戦と同じ構造になる。この孤立化を避けるためには、日本はロシアと協調する必要がある。北方領土の2島先行返還で妥協すべきだ。

もし、中国、ロシア、アメリカの三国体制ができたなら、中国は尖閣列島を侵略、沖縄独立運動を工作員にさせて、沖縄独立宣言、中国人民解放軍の沖縄侵攻と言ったシナリオが10年以内に実現する可能性がある。そして、琉球国が誕生し、その初代指導者は、すでに決まっているかもしれない。

客家(ハッカ)の人を取り込む方法

東南アジアに仕事で行くと、現地の経営者(華僑)が大歓迎してくれることがある。例えば、現地の空港に高級車で迎えに来てくれて、夜は満面の笑みで豪華なご馳走で接待してくれる。

しかし、客家の経営者は日本のビジネスマンが何に弱いかを冷静に見ている。具体的には「金、地位、酒、女性」のどれが日本人ビジネスマンに効果的かを探っている。

もし、地位を欲しがっていると見れば、現地の大企業の社長に引き合わせ、取り込んでくる。

今後、加筆予定

-国際情勢