国内政治 国際情勢

日本にサードミサイル(THAAD)は必要か?

ミサイル迎撃システム

稲田防衛大臣が2017年1月13日に、アメリカ軍グアム基地のTHAAD(高高度防衛ミサイル)を視察した。

今後2017年夏までに導入するかどうかを決定する。はたして日本にTHAADは必要なのか?

現在の迎撃システム

現在、日本の弾道ミサイル防衛(BMD)は2段構えになっている。

  1. 海上配備のイージス艦がSM-3ミサイル(射程1,000km~2,000km)で迎撃する。
  2. イージス艦が撃ち漏らした場合は、地上配備型のPAC-3ミサイル(射程20km)で迎撃する。

なぜ、THAAD(高高度防衛ミサイル)が必要か?

PAC-3ミサイルの射程は15km~20kmと短い。PAC-3は本来、中東の砂漠の中のアメリカ軍基地を防衛するために開発されたもので、軍事基地だけを守る迎撃ミサイルだ。

したがって、東京や大阪などの都市を防衛するものではない。そこで、射程200kmのTHAADミサイルの導入が検討されている。

 

迎撃ミサイルの比較

THAAD PAC3 SM-3ブロック1A SM-3ブロック2A
射程 200km 20km 1,200km 2,000km
高度 150km 15km 600km 1,000km
ミサイル単価 10億円~15億円 5億円 20億円 30億円
システム価格 1,000億円~1,500億円 1,000億円~2,000億円 1,000億円~2,000億円

 

THAAD(高高度防衛ミサイル)のコスト

THAADミサイル1基(システム)はXバンドレーダー(TRY-2)と10連装ミサイル発射機搭載トラックなどからなり、1セット当たりの価格は1,000億円~1,500億円とされる。

THAADミサイルの射程は200kmと長いが、日本列島全体をカバーするには20基は必要とされる。導入コストは20セットで2兆円~3兆円になる。

ただし、北朝鮮からの弾道ミサイルを迎撃するだけならば、日本海側にのみ6セット~7セットを配備すればよい。その場合の導入コストは6,000億円~1兆500億円となる。

 

イージス艦との比較

イージス艦搭載のSM-3ミサイルの射程は2,000kmなので日本列島全体をカバーするには2隻で足りる。予備艦を含め3隻あれば十分だ。

最新のイージス艦の建造費は1隻1,700億円で3隻で5,100億円となる。費用対効果ではイージス艦を配備した方がはるかに安い。

 

まとめ

費用対効果でいえば、THAADミサイルを導入するよりも、イージス艦を建造した方がコストが安く済む。

しかしながら、東京、大阪、名古屋、などの大都市や原発などの重要施設を防衛するために部分的に導入する可能性は十分にある。

ただ、THAADミサイルはトラックで移動し発射する。したがって、自衛隊員が24時間体制で迎撃に備えるには居住性が悪い。

イージス艦であれば居住性も高く、24時間体制も容易に交代勤務できる。

さらに、ミサイルの種類が多いと専門の隊員を養成する必要があり効率的ではない。

したがって、THAADミサイルよりもイージス艦を増補する方が効率的でコストも安い。

 

捕捉

日本にとっては、THAADミサイルよりもイージス艦の方が効率的だ。しかし、世の中それだけでは、話は済まない。

韓国のTHAADミサイル配備が怪しくなってきているので、アメリカの都合で、九州北部にTHAADミサイル配備の可能性もある。

1セットだけでは、運用効率が悪いのでもう1セットを首都圏に配備し、合計2セット(2,000億円~3,000億円)を導入する可能性がある。

関連リンク

SM-3ブロック2Aミサイルとは?

-国内政治, 国際情勢