国際情勢

レールガンで戦争が一変する、ゲーム・チェンジャー兵器

レールガンとは

レールガン(railgun)は、電磁加速砲とも呼ばれ、2本の伝導体(レール)の間から、砲弾を発射するもので、火薬を使用して発射するのではない。

砲弾は基本的に鉄の塊で誘導装置もない。

速度

マッハ6という高速で発射できる。現行のミサイルの速度はマッハ3程度で、次世代ミサイルの速度はマッハ4~5とされる。

射程

現在のところ、レールガンの射程は約200kmだが、将来的に500kmも可能。

高度

現在のところ、レールガンの高度は約100kmだが、将来的に大気圏外も可能。

連射

1分間に10発の連射を開発目標にしている。

コスト

弾丸は、基本的に鉄に誘導体を巻き付けた構造で、発射時に、誘導体と鉄(砲弾)は分離される。簡単な構造のため、砲弾のコストは1弾200万円と予想される。

迎撃ミサイルは、誘導装置と固体燃料ロケットからなり、1発1億円~2億円と言われる。

電力消費

アメリカ軍の開発している大型のレールガンは2万5000kwという大量が必要とされる。

ちなみにイージス艦の発電機は2,800kwが3機なので、レールガンの発射だけで、発電機10機分の電力が必要となる。

実際には、常時2万5000kwの電力を発電する必要はなく、蓄電池に一度蓄電(チャージ)して、発射することになるだろう。

実用化

アメリカ軍は今後5年~10年で実戦配備予定で、試験的にズムウォルト級ミサイル駆逐艦に搭載される予定。

リニアとの関係

レールガンは、電磁コイルを利用しているので、リニア(超電導磁石)とは直接の関係はない。しかし、リニアの周辺技術を応用してレールガンを改良することは十分可能だ。

そういう意味で、日本のリニア技術とアメリカのレールガン技術の統合は極めて有効だ。

日本の方針

防衛省は平成29年度(2017年)から「99式自走155ミリ榴弾砲」の代替として、レールガンを試作する予定だ。

開発目標は秒速2km(マッハ5.8)で、最終的な実用化は15年後~20年後となる。

ちなみに、「99式自走155ミリ榴弾砲」は毎分6発、射程40kmとされる。

アメリカ軍のレールガンは射程200kmと大型なのに対して、自衛隊は小型のレールガンを開発する方針だ。

課題

レールガン1基で2万5000kwの大量の電力が必要で、10基なら25万kwという発電所並みの施設が必要になる。これを動かすことはかなり困難になる。

誘導装置がないので、200km飛んだとしても命中精度が課題になる。大気圏外で敵の弾道ミサイルを迎撃することが可能なのか?

すくなくとも近接信管(VT信管)程度の装備は必要になる。

-国際情勢