スマホデジタル ライフハック 節約

Yモバイル、ガラケー下取り9,600円、ヤフープレミアム無料

ワイモバイル下取りプログラム

2016年11月1日からワイモバイルは新規、MNP、機種変更、契約変更を対象に下取りを実施している。

ガラケー下取り9,600円

注目するのは、新規契約の場合、ガラケー(従来型携帯)を9,600円で下取りしていることだ。

ただし、NTTドコモのキッズケータイ、ソフトバンクのみなもりケータイは対象外となる。

このキャンペーンは2017年1月31日(火)までの期間限定となる。

9,600円の下取りは、一括で割引になるのではなく、毎月400円×24回の割引となる。

例えば、iPhone5sの1年目は、月額1,980円ー400円=1,580円(税抜)となる。2年目rは月額2,980円ー400円=2,580円(税抜)となる。

下取りの申し込み方法

一部の対象店舗とオンラインで下取りを実施している。

ヤフープレミアム会費無料

2017年2月1日からワイモバイル契約者は、ヤフープレミアム会費(月額462円)が無料となる。

対象プランは「スマホプランS/M/L」及ぶタブレット向け「テータプランS/L」で既存ユーザーも対象になる。

ただし、ワイモバイルの契約電話番号とヤフーIDを連携する必要がある。

ヤフーシッピングでの買い物で通常1%のTポイントが付与される。ヤフープレミアム会員は5倍の5%となる。

月間1万円の買い物をすると、4%分 400Tポイントが増量して付与される。細かく言うと、ヤフープレミアム会費は税込み498円なので、498円÷0.04=12,450円が損益分岐点となる。

つまり、毎月、12,450円以上ヤフーシッピングで購入する場合、ヤフープレミアム会員の方が得になる。

もちろんヤフーオークションなどでヤフープレミアム会員はメリットあるので、ショッピングだけでは計算できない面もある。

新規、他社から乗り換え1万円~2万円キャッシュバック

ワイモバイルの音声SIMを新規、他社からの乗り換えで契約すると、翌々月末以降に10,000円分(20,000円分)の普通為替証書が郵送される。

スマホプランSで1万円、スマホプランM/Lで2万円のキャッシュバック

まとめ

音声SIM(スマホプランS/M/L)を新規、他社乗り換えで契約すると、下取り(ガラケー9,600円)とキャッシュバック1万円(プランS)2万円(プランM/L)の併用は可能となる。

2017年1月20日、ワイモバイル、チャット(S氏)に確認済み

-スマホデジタル, ライフハック 節約