スマホデジタル 経済

日本メーカーは中国製スマホに勝てないかもしれない

2015年の世界のメーカー別スマホ出荷台数

順位 メーカー 国名 出荷台数 シェア
1位 サムスン 韓国 3億2500万台 23%
2位 アップル 米国 2億3000万台 16%
3位 Huawei 中国 1億800万台 7%
4位 Lenovo 中国 7480万台 5%
5位 Xiaomi 中国 7080万台 5%
その他 6億2430万台 44%
合計 14億3290万円 100%

ちなみに、ソニーのスマホ出荷台数は2015年4月~2016年3月期で2,490万台となっている。

また、同社のモバイル・セグメントの売上は1兆1275億円で614億円の赤字となっている。

中国製スマホ

まだまた、中国製品は「性能が悪い」「粗悪品」というイメージがある。特に、食品については、中国産は安全性などの問題が指摘されている。

しかし、一部のデジタル製品、特にスマホについては、日本メーカーの3倍~5倍の出荷台数となっている。

Huawei P9 lite

SIMフリー端末として、日本でも人気のスマホ 「Huawei P9 lite」を購入してみて、その完成度に驚いた。

「Huawei P9 lite」はスペック的には、「Sony Xperia XA」よりもわずかに上回っている程度だ。しかし、「Huawei P9 lite」には指紋認証センサーがあり、バッテリーも3,000mAhと大容量となっている。

実際に使用してみると、Huawei P9 liteの指紋認証は速く、認証失敗も少ない。

また、バッテリーは3,000mAhなので、朝から使って夕方6時でもバッテリーは40%~50%となっている。夜の10時くらいでも20%~30%の残量で、バッテリーの持ちはいい。

単に、バッテリーが大容量というだけでなく、消費電力を細かく省エネ設定でき、その技術力はすごいと思った。

スペック比較

SONY XPERIA XA HUAWEI P9 LITE FREETEL REI
Antutu 約47,000 約54,000 約36,000
液晶サイズ 5インチ 5.2インチ 5.2インチ
解像度 1,280×720 1,920×1,080 1,920×1,080
CPU オクタコア オクタコア オクタコア
RAM 2GB 2GB 2GB
ストレージ 16GB 16GB 32GB
カメラ 1,300万画素 1,300万画素 1,300万画素
バッテリー 2,300mAh 3,000mAh 2,800mAh
指紋センサー 無し 有り 有り
価格 2万5000円(香港) 2万5000円 2万円~3万円

 

上の写真はスマホ背面のカバーで、樹脂製素材だが、触っても実物を見てもアルミのように思える。この加工技術はすごいとしか言いようがない。

中国製だから、細かな配慮はないと思っていたが、箱もすごかった。シールを剥がすと「VOID」と跡が出てくる。それだけではなくシールを貼る位置も決まっていて、シールを貼る部分の箱の表面加工はそれ以外とは違っている。

液晶のは保護シールが出荷段階で貼ってあるし、プラスチックの透明ケースも付属している。

まとめ

Huawei P9 liteを見て、もう日本メーカーは中国製品に太刀打ちできないと思った。

Sony Xperia arc、Xperia NX、Xperia M2、と3台のソニー製スマホを使ってきたが、Huawei P9 liteの完成度の高さは、Xperiaのミドルレンジモデルを超えている。

ソニー的には、ミドルレンジのスマホの完成度を高めれば、上位機種が売れないという判断から、ソニーのミドルレンジスマホは中途半端な仕様になっている。

ソニーは日本では高価格帯のスマホしか販売していない。実際、「Xperia M2」や「Xperia XA」のミドルレンジスマホは日本では発売されていない。

このようにソニーは上位機種中心の販売戦略をとっているが、それでもスマホ部門は2015年に614億円の赤字となっている。

今の競争は技術力というよりも、いかに部品を安く調達するかという、調達力の競争だ。この点、ソニーは完全に中国メーカーに負けている。それは、販売量が少ないからだ。

ソニーはミドルレンジのスマホの販売を縮小しているが、かといって上位機種で利益がでているわけではない。上位機種はiPhoneとの競争で負け、ミドルレンジは中国製スマホに負けているのが現実だ。

ソニーに足りないのは部品を安く買う調達力だ。それを強化するには販売台数を多くするしかない。上位機種の販売ではiPhoneに負け、販売台数は少ない。今の上位機種中心の販売戦略ではソニーの復活はありえない。

まだ、ミドルレンジあれば、中国メーカーに勝てる要素はある。海外版の「Sony Xperia XA」に指紋認証を付けて、バッテリーを3,000mAhにして、国内販売すれば、販売台数が伸びてコストダウンできるはずだ。それがソニーのラストチャンスだろう。

 

HUAWEI SIMフリースマートフォン P9 lite ゴールド VNS-L22-GOLD 【日本正規代理店品】

-スマホデジタル, 経済