旅行 沖縄

アパホテル、中国のボイコットで宿泊料金3分の1は本当か?

マスコミ報道「アパホテルの宿泊料金が3分の1」

2017年1月21日 東スポwebから引用

アパホテルについて「騒動の影響で同ホテルの宿泊料金は高騰時に比べて3分の1に崩壊するところも出ている」

 

本当に3分の1になったか、那覇のアパホテルの料金を「じゃらん」で調べてみた。

2017年2月18日(土) ツイン 13平米 朝食付き52,400円(税込)

2017年2月のツインの最安値は13,400円(税込)

2017年3月のツインの部屋料金は11,400円~32,400円となっている。

 

実は、2016年3月に沖縄に行ったが飛行機の予定を直前に変更したので、1泊分のホテルを予約しなけれならなくなった。その時、アパホテルの宿泊料金が1泊3万円だったのを記憶している。

まとめ

少なくとも那覇のアパホテルについては、宿泊料金が極端に下がったということはない。

そもそも、ホテルの宿泊料金は平日1万円でも週末には1泊3万円になったりする。そういう平日と週末を比較すれば3倍の開きがあるのは当然だ。

-旅行, 沖縄