経済

【2016】ボージョレ・ヌーボーの国別販売本数、日本は何位?

2016年、ボージョレ・ヌーボー国別販売本数

1位 フランス 1,440万本 57%
2位 日本 630万本 25%
3位 アメリカ 160万本 6%
4位 カナダ 42万本 2%
5位 中国 37万本 1%
6位 ドイツ 36万本 1%
7位 その他 175万本 8%
世界販売合計 2,520万本 100%

ボージョレ・ヌーボーの販売本数1位はフランスで全体の57%を消費している。

フランスからの輸入量1位は日本で全体の25%を日本が消費している。

しかし、ボージョレ・ヌーボーの日本の輸入量は2004年のピーク1,248万本から半減しており、2017年は2016年よりも減少している。

解禁日

ボージョレ・ヌーボーはガメイ種というぶどうから作られ、フランスの法律により毎年11月の第3木曜日の午前0時に解禁される。

時差の関係で、日本が世界一早く解禁されることから1980年代より日本でもブームとなった。

日本でのワイン普及の役割を果たした。しかし、日常的にワインを購入する日本人増加したことで、日本での販売価格1本2,000円以上ということに割高感を感じる人が多くなったののではいか?

実際、フランスのスーパーでは1本200円~400円でボージョレ・ヌーボーが買える。

 

ペットボトルで高級感が無くなった?

ジェット機でフランスから日本に輸出するため、高額の航空運賃がかかる。そのため軽いペットボトルのボージョレ・ヌーボーが販売されるようになり、一気に高級感がなくなった。

 

ライフルタイルの変化?

従来のボージョレ・ヌーボーをみんなで飲んで騒ぐというライフルタイルから、ハローウィンのように、イベントを楽しみようになって来ている。



-経済

error: Content is protected !!