経済

業務米とは何か?米不足から値上げへ

2017/12/10

家庭でも外食でも、ご飯(お米)を食べるが、実は、制度上は違う種類のお米だった。

具体的にはスーパーで販売されているのは「家庭用米」、外食やコンビニのおにぎりは「業務用米」という種類だった。

米の種類 卸売価格1kg当たり  内容
家庭用米 270円 コシヒカリなどブランド米
業務米 230円 レストラン用
飼料用米 30円 家畜用

 

業務米不足

コンビニや外食で使用される業務用米の需要は近年増加しており、250万トンの需要に対して生産量は120万トンしかなく、130万トンも不足している。

これは、政府が減反政策を廃止し、飼料米の生産にシフトされるため、飼料米を生産する農家への補助金が10アール当たり、最大10万5000円に引き上げられたためだ。

その結果、業務用米から飼料用米へ生産を変更する農家が増加し、業務米が不足するようになった。

 

ンビニの「おにぎり」が小さくなる?

業務用米の値上げにより、コンビニでのおにぎりを5g程度小さくする動きもある。



-経済

error: Content is protected !!