国内政治

長時間労働で半身不随になっても3ヵ月で退院させられる日本

知人は上場企業の関連会社の役員をし、年収は1,000万円を超えていた。

しかし、長時間労働の結果、会社で倒れ、そのまま意識不明で入院した。3ヵ月後に意識が回復したが、病院から「3ヵ月経過したから転院してください」と言われ、別の病院に入院した。

その後もここでは書けないくらいに不幸が続くのだが、ブログに書く心の整理ができていない。

これが、安倍政権が導入しようとしている「裁量労働制」の現実です。

安倍政権の中国・北朝鮮・韓国に対する外交姿勢は支持している。今までその外交姿勢を支持してきたため、安倍政権の内政については、批判を控えてきた。

しかし、安倍政権が長時間労働を放置して「裁量労働制」を導入しようとしていることについては、反対しなければならない。

現状の長時間労働をなんら改善せずに「裁量労働制」を導入するのは、旧日本軍にやった最大級の愚行「インパール作戦」に匹敵する愚行だ。

安倍首相は、所詮、世襲のお金持ち首相で、サラリーマン経験があると言っても、コネ社員で実際の現場を知らないのだろう。



-国内政治

error: Content is protected !!